安倍総理が改憲案を示す

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


DSCN3915s.jpg

安倍総理が改憲について明言した。

2017.5.3 産経web
【憲法施行70年】
安倍晋三首相が改憲に意欲 憲法9条に自衛隊を明記 2020年の施行目指す 高等教育の無償化も掲げ
 安倍晋三首相は3日、改憲派が都内で開いた集会にビデオメッセージを寄せ、9条に自衛隊の存在を明記した条文を追加した憲法改正を行い、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020(平成32)年を「新しい憲法が施行される年にしたい」と明言した。首相が9条の具体的な改正と施行時期に言及したのは初めて。首相の強い意欲表明を受け、今後国会の改憲議論が活発化するとみられる。
 首相は自民党総裁としてのメッセージだと断った上で、「『自衛隊は違憲かもしれないけれども、何かあれば命を張って守ってくれ』というのは、あまりにも無責任だ」と主張。「私たちの世代のうちに自衛隊の存在を憲法上にしっかりと位置付け、『自衛隊が違憲かもしれない』などの議論が生まれる余地をなくすべきだ」と訴えた。
 その上で「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方は国民的な議論に値するだろう」と呼びかけた。
 9条は「戦争の放棄」をうたい、1項で国権の発動による戦争と、武力による威嚇、行使について「国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」とし、2項で陸海空軍などの戦力の不保持と交戦権の否認を記している。連合国軍総司令部(GHQ)の占領下だった昭和22年施行の憲法は、その後に発足した自衛隊の存在を想定していなかった
 首相はメッセージで、自衛隊の活動に対する国民の信頼が高いことも紹介した。こうした自衛隊の実態と最高法規である憲法の矛盾を解消するため、平和主義の理念を堅持した上で、自衛隊の存在を明文化することが適切だとの認識を示した
 また、日本維新の会が主張する憲法改正による教育無償化に関し、「高等教育についてもすべての国民に真に開かれたものとしなければならない」と述べ、実現に意欲を表明した。
 首相は「憲法改正の発議案を国民に提示するため、具体的な議論を始めなければならない」とし、平成32年までの改憲実現に向けた衆参両院の憲法審査会の議論促進を訴えた。
-----

安倍総理は昔から憲法改正を目指す姿勢を明確にしていた。
その道筋として、まず96条(憲法改正のハードルを下げること)とか
緊急事態条項の新設など
憲法を変えることに国民を慣れさせてから
日本国憲法最大の問題点である九条(及び前文)に進むという姿勢だった。

今回初めて、明確に九条改正に切り込んだことは、非常に大きな転換だ。

この姿勢の転換の背景には安倍総理の危機感があると思う。
国際情勢が流動化し東アジア情勢が緊迫して
日本国が国民の命や財産に甚大な被害を被ることを防ぐ上で
もはや一刻の猶予もならないという安倍総理の危機感を
日本国民の一人一人が共有する必要があると思う。

その上で安倍総理の提案について。
「9条1項、2項を残しつつ」という点には賛成できない。

改めて日本国憲法第九条は以下のような条文である。
-----
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
-----

解釈はまず置いておいて、
素直に日本語としてこの条文を読んで、状況を考えてみる。
チャイナや北朝鮮のような
武力による威嚇や武力の行使をいとわない国が現実に目の前に存在する。
そうした国との紛争が生じたとき
我が国だけが武力を用いることは出来ないことになる。
2項ではいかなる戦力も持ってはならず、戦ってはいけないというのだ。

やられるまま抵抗せずに滅亡しろ。

日本語を素直に文字通りに読めばそういうことだ。

それでは困るからこの70年間様々な「解釈」で切り抜けてきた。
例えば自衛権は国際的に認められている、とか
戦力とは攻撃力のことだ、とか。

しかしそんな奇妙な解釈をしなくて済むように
九条を改正するべきだと思う。

例えば

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれに反対する。
2.前項の目的を達するため、他国の武力による威嚇や武力行使を防ぐための抑止力として戦力を保持し、これを国防軍とする。

差し当たっては九条2項の削除だけでもいいが
自衛隊の存在を明確にするためには上記の案が考えられる。

自民党の改憲案においても2項の削除が提案されている。
それを脇に置いて3項を付け加えるという安倍総理案は
公明党の唱える「加憲」に配慮した結果だろう。
2項を無力化するための実現可能な案として
決してベストではないがベターではある。

ここからベストへと近づけて行くのは、私達一人一人の日本国民だ。

70年間も九条を変えられずにきた最大の原因は
WGIPの洗脳によって
「日本は悪い国で侵略戦争をして世界中に迷惑を掛けた。
武器を持てばまた同じように侵略戦争をするに違いない。」
と思い込まされて
今なお半数以上の国民が事実に気付いていないからだ。

日清戦争、日露戦争、大東亜戦争はいずれも
侵略戦争ではなく、ほとんど自衛のための戦争だった。
我が国の一部と中朝韓だけが「侵略戦争だった」と主張しているが
歴史的には自衛の戦争だったとの評価は確定している。
ダグラス・マッカーサーさえも米議会でそう証言しているのだ。

残念ながら多くの日本人がそのことを知らない。
学校でも一切教えないし主要メディアも伝えない。

ならば気付いた一人一人が周囲に伝えること。
できることを出来る範囲で頑張ること。

決して諦めず、ベストを目指して改憲の議論を広げていこう!

民進党が言論弾圧

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


DSCN3550s.jpg

大阪での私立小学校の新設という極めてローカルな問題が
まるで国家の一大事のような扱いで大騒ぎされて
2ヶ月近くが空しく過ぎた。

ところがここにきて
籠池泰典氏の妻、諄子氏と安倍昭恵氏とのメールのやりとりが公開され
民進党の辻元清美議員の「関与」がにわかにクローズアップされている。

2017.3.28 産経ニュース
【森友学園問題】
民進・辻元清美氏に新たな「3つの疑惑」 民進党「拡散やめて」メディアに忖度要求

産経新聞が報じた「3つの疑惑」とは
1.幼稚園に侵入しかけた(嫌がらせ)
2.作業員を派遣し、メディアに嘘の証言をさせた(工作)
3.学園の小学校建設地に隣接する「野田中央公園」の14億円値引き(職権乱用)

特に3の問題は重大だ。
辻元議員の地元である豊中市で
本当は価値の低い土地の値段をつり上げるために
国有地に高額な値付けをした上で国庫補助金14億円を出し
実質2000万円で豊中市に売却したというもの。
それが行われたのは民主党政権下で
辻元議員は国土交通副大臣の職にあったのだ。

このこと自体、非常に興味深い問題だが
今回指摘したいのは、これに対する民進党の対応だ。
野党第一党であり、森友学園の土地取引に疑義があると強硬に主張し続けている民進党が
冷静に説得力のある反論を示すかと思いきや
こともあろうに
「デマだから報道するな」と各メディアに「要請」。
さらに驚いたことに
ほとんどのメディアがその「要請」に唯々諾々と従っている。

産経新聞だけが上記の記事を掲載したところ
今度は産経新聞に対して民進党が抗議文を送りつけてきた。

ーーーーー
2017.3.29 産経ニュース
【森友問題】
辻元清美氏「3つの疑惑」報道で民進党が産経新聞に抗議文 「流言飛語を疑惑扱い」「首相夫人とは事柄の本質異なる」
 森友学園(大阪市)問題に関する本紙記事「辻元氏 3つの『疑惑』」(28日付)をめぐり、民進党は29日、産経新聞政治部長宛てに、柿沢未途役員室長名で抗議文を出した。全文は次の通り。
    ◇
 辻元清美議員に関わる報道記事について
 貴紙は3月28日朝刊紙面において、辻元議員に関し、「3つの疑惑」として、籠池夫人の安倍昭恵夫人宛メールに書かれている内容やネット上に流布している流言飛語をあたかも根拠ある疑惑であるかのように報道した。
 しかし、記事に書かれた3つとも、裏取り取材をすれば、容易に事実でない事が判明するものである。だからこそ他の新聞社は「疑惑」という書き方はせず、辻元議員側の否定コメントを淡々と報じているのみである。
 それを「3つの疑惑」と見出しを付けて喧伝し、わずか数時間後に回答期限を設定した質問状にその日のうちに回答しなかった事をもって、辻元議員があたかも説明責任を怠ったかのような書き方をしたのは、著しく公正を欠いた報道と言わざるを得ない。
 安倍総理は国会答弁で「辻元議員も同じ」と発言したが、裏取りすれば事実が容易に判明する辻元議員の場合と、裏取りのための資料も出さず、証人喚問にも応じない政府関係者や安倍明恵夫人(原文ママ)と籠池証人との関係性の問題は、事柄の性質が明確に異なる
 「確認取材」という報道取材の基本を欠いた記事を掲載した貴社に対し、厳重に抗議するとともに、法的措置も含めた対応を検討する
         以上
ーーーーー
法的措置をちらつかせた恫喝まがいの抗議文だ。

日頃から言論の自由を声高に叫び
「安倍政権による言論弾圧がある、ある」
と主張しているメディア(産経新聞を除く)にとって
これは言論弾圧にはならないのだろうか?
彼らにとって言論の自由は
「自分達の意見は自由に言えて、自分達と違う意見は言えなくて当然」
ということなのか。
これを二重基準、ダブルスタンダード略してダブスタという。

民進党が平然と言論弾圧をする集団だということは
実は彼らが政権にいた3年3ヶ月の間に遺憾なく示された。
「報道したらその社は終わりだから」とほざいた大臣もいた。

民進党がこういう集団であることを
自ら改めて思い出させてくれた出来事といえる。

さて、今朝から保守速報などのまとめサイトがサイバー攻撃を受けている模様だ。
サイバー攻撃となれば、民進党を超えて外国の関与が疑われる。
辻元議員の疑惑が語られ始めたことと関係あるのか無いのか。
私にはまだ分からない。

但し
都合の悪い言論を封殺しようとするのは
安倍政権ではなく
安倍政権を批判する「なんちゃってリベラル」側であることだけは確かだ。

予算委員会の野党など

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


DSCN3336s.jpg

3月2日に傍聴した参議院予算委員会で
民進党議員の質問を生で聴いた。

14:20福山議員の質問開始にあわせて
後方の議員用傍聴席に参議院予算委員ではない民進党議員が何人も座った。
そして政府側答弁者(官僚)に対して
「答えになってないだろ!」「ふざけるな!」
等のヤジを飛ばしていた。
ヤジと言うよりは罵倒に近い印象だった。

福山議員はほとんどの持ち時間を森友学園の土地取得問題に費やした。

福山議員:政治家の働きかけはあったのか?
理財局長:不当な働きかけは一切無かった。問い合わせには適切に対応している。
福山議員:不当かどうかは聞いていない!働きかけはあったのか無かったのか?
理財局長:問い合わせには適切に対応している。

働きかけの定義は不明確だが、言葉のニュアンスとしては
いかにも「権力による不当介入」を連想させる。
福山議員は、理財局長に対して「問い合わせ」ではなく「働きかけ」と言わせようと
延々と同じ質問を繰り返し、審議を止めていた。
さらに、面談記録を文書管理規定に従い廃棄したことについても
だったら担当した近畿財務局職員に聞いて確認したのかと質問する。
だが組織として規則通り適切に対応し処理したのであれば
現場職員の責任追及ともなりかねない事情聴取には慎重であるべきだ。
また、通告無しの突然の質問がいくつかあって
即答できない(当然だ)と汚いヤジが飛ぶ。

聴いていて心からうんざりした。

15:20からの杉尾議員の質問はさらにレベルが低かった。
この日発売になった週刊文春をソースにしていたのだ。
独自のソース無しに週刊誌の記事だけで質問するなど
国会議員として怠慢すぎると思う。
その一方で、文科省の天下りに関連して
さくらサイエンスプランを取り上げ
「中国人が多いが、多くは中国共産党幹部の師弟とも聴いている。
日本の科学技術が中国に流出する心配はないのか?」
との質問は杉尾氏らしくなくて、ちょっと意外だった(苦笑)。
次の、経産省の庁舎管理強化を「報道規制だ」と問題視した質問も
間の抜けたものだった。
世耕大臣の明確な答弁に歯が立たない様子で
時間オーバーで山本委員長に注意されながら
「安倍内閣は情報規制が厳しいのではないか?」
と麻生副総理に質問。
山本委員長:手短にお願いします。
麻生副総理:じゃあ、2秒で。違います!

傍聴人はヤジも拍手も禁止なのだが、
この麻生さんの絶妙の答弁に思わず笑い声を上げてしまい
慌てて手で口を押さえた(大汗)。

傍聴しなければ分からなかったことをもう一つ。
社民党の福島瑞穂議員の行動だ。
13:00に委員会が始まり青山さんが質問中の
13:06に離席して部屋を出て行ったのだ。
戻ってきたのは14:43。
福山議員の質問中だった。
そして民進党議員と一緒になってせっせとヤジを飛ばしていた。

福島議員は与党議員の質問を聴かなかった。
話し合い話し合いといいながら
自分と違う考えの人からは意見を聞こうともしない。
いわゆるリベラルな人たちが不寛容で不誠実であることの
実例を目撃したと思った。

参議院予算委員会を傍聴

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


一昨日(2月28日)の夜、青山繁晴さんのブログに
「予算委員会で質問することになったので傍聴希望の方はどうぞ。」
との記事を見つけた。

国会議事堂の見学はしたことがあるが
質疑を傍聴できるなんて、またとない機会だ。
すぐにメールで申し込み
翌朝(3月1日)9:58に傍聴受付完了メールが届いた。
3月2日12:30に国会参議院側 西通用門に集合だ。

やったぁ!

今朝10:12発の新幹線で、山手線、有楽町線を乗り継ぎ

DSCN3389s.jpg
12:14 永田町駅1番出口

DSCN3391s.jpg
12:16 集合場所に到着。既に10名くらいの方が集まっていた。

程なく清水秘書が現れ、名簿で確認しながら
2列に並ぶように指示した。
私は5番目で、総勢35人だった。

DSCN3393s.jpg
12:27 傍聴券が配られた。

12:35 門から中に入り、傍聴者順路に従って地下一階に誘導される。
そこで傍聴券に住所氏名などを記入するのだが
多くの方が既に記入を済ませていて
5番目だったはずの私は後ろになってしまった(汗)。

次の部屋で空港と同様の手荷物検査を受けたあと
筆記具と貴重品を除く全ての持ち物をロッカーに入れる。
コート、マフラー、帽子や
携帯、カメラ、集合場所をプリントした紙を含む一切の印刷物も
この先へは持ち込めない。
もう一度の手荷物検査で財布の中までチェックされた。

部屋から廊下を歩いて一つ目のエレベーターで一階へ、
さらに別のエレベーターで三階へあがり
廊下と階段を歩いて
控え室とトイレの場所を教えられ
傍聴心得として賛成反対の意思表示をしてはいけないことなどを確認されてから
12:50 第一予算委員会室に入った。

後の順番になってしまったために立ち見だが
質問者が見えやすい柱横の場所を確保することが出来た。
質問者席の青山さんが傍聴席の方に顔を向けたので
ばばばばっと肩のところで手を振ったら
青山さんも笑顔で振り返してくれた♪

13:00 午後の委員会が始まり、青山さんが質問に立った。
最初は拉致被害者の救出について。
北朝鮮情勢が混乱すれば救出のチャンスが訪れる。
それが現実味を帯びてきた今、日本はどうするつもりか?
日本政府として救出部隊を編成しなくてはいけないのでは?
救出部隊には自衛隊、警察、海上保安庁に加えて
厚労省(医療関係)、外務省(朝鮮語担当)も入るべきと思うがどうか?
省庁横断での救出部隊に対して予算措置をお願いできるか?

答弁は加藤拉致担当大臣、松本国家公安委員長、塩崎厚労大臣、
若宮防衛副大臣、薗浦外務副大臣そして麻生財務大臣が行い
全員が青山さんの提案をしっかりと受けとめて取り組む姿勢を示した。

青山さんは
部隊を編成し訓練を繰り返すこと自体が
北朝鮮に対する我が国の本気をアピールしプレッシャーになると
強く指摘していた。

13:20からは自前資源の実用化について取り上げた。
メタンハイドレート、特に日本海側の表層型メタハイを一刻も早く実用化し
国際情勢に左右されないエネルギー政策を進めるべきではないか?
資源エネルギー庁は海外からの資源調達を優先しすぎていないか?

世耕経産大臣が答弁し、
自前資源の確保・開発・活用・実用化に関して大変積極的な姿勢を見せた。
世耕さんは青山さんが議員になるずっと前からの知り合いで
質疑応答でも意気投合している雰囲気が感じられた。

13:35 最後に原発についての質問で
福島の原発事故がレベル7のままなのは科学的におかしい。
事故で放出された放射性物質の量は
現在の政府見解の100分の1~1000分の1という専門家の見積もりが出ている。
原子力規制委員会とともに環境省としても再計算・再評価をするべきでは?

答弁は原子力規制委員会に協力して進めるという内容だった。

13:40 青山さんの質問終了。
席を立つ傍聴者が複数いて、ここからは座ることが出来た。

13:40~14:20 自民党の小鑓隆史議員 農産物の輸出について
14:20~15:20 民進党の福山哲朗議員 森友学園、テロ等準備罪をちょっと
15:20~16:10 民進党の杉尾秀哉議員 森友学園、文科省天下り

の質疑を聞いて、退室した。

DSCN3396s.jpg
16:27 先ほどと逆の順路で国会議事堂の外へ出た。

初めての国会審議傍聴で一番印象的だったことは
警備や案内係の方がたくさんいたことだ。
門から委員会室まで行くだけで20名以上の方のお世話になった。
国会は我が国の中枢であり、万一のことがあってはならない。
厳重な警備の中で、それでも傍聴者を入れるという開かれた体制を維持する。
そのための膨大な経費は、必要であると同時に決して無駄にしてはならない。

現在の民進党の質疑は余りにもレベルが低く
国会議員としての自覚や矜持に欠けると強く感じた。
この件については、改めて記事を書きたい。


16:52東京駅発の新幹線で
18:45帰宅。
今日の感想を一言で言えば
やっぱりライブは違う!

話題のあの本 理論近現代史学Ⅱ

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


2月5日(日)に高崎に行ったとき
DSCN3101s.jpg
高崎駅前のアパホテルの立ち寄った。

アパホテルがチャイナ政府の攻撃を受けていることから
応援する意味で元谷氏の著書を購入したいと思った。

「元谷さんの本、ありますか?
数があれば2冊頂きたいのですが。」
フロントでそう尋ねると、奥から出してきてくれた。

何と最後の一冊だった!

DSCN3117s.jpg
理論 近現代史学Ⅱ 藤誠志 APAグループ 2016年
藤誠志は元谷アパグループ会長のペンネームで
本書は元谷氏がグループの広報誌に掲載したエッセイをまとめたものである。

目次
・概論
・日本は「国際協調主義と積極的平和主義」の旗を高く掲げて進め
・アジアの平和のために、安倍政権の長期化が必要だ
・民主党政権三年三ヶ月の責任
・張作霖爆破事件の歴史検証をせよ
・ユダヤのマーケティング会社を使って捏造の歴史を正せ
・日本は一丸となって歴史戦に立ち向かえ
・世界制覇を目指す中国に緊密な日米同盟で対抗する
・「新都市型ホテル」はいずれ世界のスタンダードとなる
・先端科学技術兵器の開発力が日本を守る
・日米戦争はルーズベルトの世界大恐慌からの脱出策
・列強の民族侵略近代史
・日本は観光大国を目指せ

内容は私にとって目新しい話はほとんど無くて
近現代史を勉強していけば自ずと分かる事実が述べられている。
ただし我が国の学校教育の範囲でしか歴史を知らない人にとっては
驚くような部分が多いはずだ。

本書を手に取った人が
「まさか・・・嘘だろ?」
と自分で調べ始めれば、早晩真実に気付き、目覚める。
アパホテルが本書を客室の備品として置く狙いがそこにある。
逆にチャイナ政府が異様な攻撃を仕掛けて言論弾圧の暴挙に出ているのも
目覚められては非常に不都合だからだ。

チャイナにとってさらに都合が悪いのは
本書では同じ内容を日本語と英語で著している点だろう。

DSCN3118s.jpg
こちらが裏表紙で、裏表紙を開くと横書きの英文が現れる。

元谷氏の一番のターゲットは
まだ本当のことに気付いていない日本人だろうが
英語を解する外国人に真実を知らせることも狙っている。

素晴らしい作戦だと思う。

チャイナが騒いでくれたおかげで
私も本書の存在を知ることが出来た。
歴史認識に関わる部分の英文は、
今後何かの時に役に立つかもしれない。