fc2ブログ

新型コロナ(武漢)ウィルスについて 正しい情報

久しぶりの投稿です。

武漢ウィルス(新型コロナウィルス)について、以下のような動きがありました。
2月27日 政府はイベント等の自粛を要請
2月28日 全国の小中高校が3月2日から春休みまで休校するように要請
2月29日 安倍総理の記者会見

テレビや新聞の情報だけでは、なぜこんなことになるのか
分からないことばかりだと思います。
「最初は風邪みたいなものと言われていたのに、なんで休校?」
という疑問を持たれたとしても当然です。
実際専門家も含めてそういう(風邪みたいなものという)認識だったのです。

ところがこのウイルス、感染を繰り返しながらどんどん変異して
性質を変えていることが分かってきました。
(感染を繰り返すことを「継代を重ねる」といいます。)
その結果狂暴化したウィルスが出現し、武漢では20代30代の医師がなくなっています。
このことはつい2~3週間前に分かったことです。

小川栄太郎氏が正確かつ最新の情報を動画で発信しています。
【新型コロナウイルス】小川榮太郎・山口敬之 正しく備えて共に闘おう!

現時点で6本の動画がアップされていて、それぞれ15分程度の長さです。
是非視聴してください。
公開されている中では日本(のみならず世界)で最新かつ最も正確な情報です。
スポンサーサイト



第五回 令和日本研究会

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


月に一度の勉強会で東京へ。
昨日辺りからまた暑くなって、駅まで25分歩く間に汗だくになりました。

11:11のはくたかは、いつになく降りる人がとても多く、
北陸方面から観光客でしょうか。
車内で持参のエビカツサンドとアイスコーヒーで昼ご飯。

東京駅から山手線、有楽町から有楽町線で麹町。

DSC_1187a.jpg
13:00 厚生会館の会場に着きました。

13:30 開会
今日のテーマは
「芸術・暴力・政治――現代日本社会崩壊の正体とは」
DSC_1183s.jpg

英霊の言乃葉では、
昭和24年9月26日にバタビヤ(今のジャカルタ)で法務死した31歳の陸軍曹長が
刑執行前日に妻に宛てた遺書を朗読しました。
そこには幼い一人息子を妻に託し、
「君は賢明に現実を批判し、未来に計画を立てて、君の最上の道を進まれよ。
僕は君と臣也(しんや)の幸福を祈る以外何ものもない。」
と綴られていました。
冷静さと覚悟と優しさ温かさ。
人の崇高さが伝わってくる文章でした。

DSC_1177s.jpg
小川先生は、
「このような英霊の言乃葉を英語に翻訳して欧米の人々に読んでもらいたい。
あの戦争が軍部に踊らされた、狂信的な日本人によって引き起こされたという
大いなる誤解を解くために、それはとても役立つはず。」
と解説されました。

大放談のコーナーでは
内閣改造やこれからの日本の政治について
最大の課題は何か、展望は開けるのかなど
たっぷり語って下さいました。

和歌創作コーナーでは
「歌会始の詠進歌を作りましょう」と題して、
歌会始の歴史や詠進歌の意味などの解説の後
令和二年のお題「望」で創作を試みました。

伊藤・山口裁判、愛知トリエンナーレ問題では
他では聴けない裏話や言論界の惨憺たる状況について
笑っちゃうような事実がたくさん聴けました。

17:00からいつもの店で懇親会。
お店のスペースの関係で懇親会の上限20名ですが
今日は総勢14名でこぢんまりと、
でも深い話がいっぱいできて楽しかったです。

highballs.jpg
3時間飲み放題で、ほとんどの人がハイボールを注文するので
4回くらい前からハイボールがピッチャーで出てくるようになりました。
ピッチャーハイボール。
他では見られないでしょ?(笑)

語りに語って
最終の新幹線で日付が変わる頃に帰宅しました。

天皇系図を見てみよう!

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


令和の時代になった途端、
皇位継承に関してオールドメディアが盛んに取り上げています。
テレビのコメンテーターは専門知識もなくにわか勉強さえしていないようなので
このことに少しでも興味のある方は
基礎知識として「天皇系図」を見ることをお勧めします。

宮内庁のホームページから見ることができます。

かく言う私も今回初めて見ました。
そして、兄弟が順番に即位したり、
何代か直系で継がれた後、数代前の天皇の兄弟に戻ったりなど、
様々な工夫をして男系で継承して今日に至っていることを知りました。

例えば・・・
第22代清寧天皇とその後を継いだ第23代顕宗天皇は祖父同士が兄弟でした。
第24代仁賢天皇は顕宗天皇の兄弟で、第25代武烈天皇は仁賢天皇の子。
そこから第26代継体天皇は
武烈天皇から4代遡った仁徳天皇の兄弟の子孫(男系)です。

第38代天智天皇から第50代桓武天皇までの約120年間の流れも
行ったり来たり、とても複雑です。

じっくり見ていると、2600年間の長きにわたり
126代の皇統を守ってきたことの重みと
それを実現するためにどのような工夫がなされてきたのかが
だんだん分かってきます。

伝統や前例は「不文律」です。
安易に破ったり捨て去ることは、後の世に禍根を残しかねず
ご先祖様に申し訳ないことだと思います。

百聞は一見にしかず。
天皇系図を見て色々と考えさせられました。

子宮頸がんワクチン被害者への言論封殺

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


子宮頸がんワクチン接種後に、
一部の方には日常生活に支障を来す重篤な副反応が生じています。
原因も治療法も研究途上で、被害者の快復には至っていません。
厚生労働省も製薬会社も重篤な副反応が一定の確率で生じることは認めています。←ココ重要。

子宮頸がんワクチン副反応の被害を受けた当事者やそのご家族が、
SNSで症状や治療の現状などこのワクチンの問題を発信していたところ、
ツイッター社から「反ワクチン活動」として規制(シャドーバン)が掛けられました。
誰かが「通報」した結果です。

当事者が自分の経験や実態を発信することは「反ワクチン活動」なのでしょうか?

被害に遭われた方々は「ワクチンはよいもの」と信じて、
乳幼児期からのワクチンをもれなく接種し、
その結果として子宮頸がんワクチンを接種したわけです。
子宮頸がんワクチン以外の、効果の確立されたワクチンには反対していません。

仮に被害者の方達の主張がおかしいというなら、きちんと反論すればいいのです。
説得力のある反論ができず、罵詈雑言を浴びせた挙げ句
「反ワクチン」とレッテル貼りをして通報、言論を封殺する。

これもまた昨今我が国で生じている言論弾圧の一つであり、
強い憤りを覚えるとともに、
こんなことがまかり通る先にどんな社会が待っているのか、危惧しています。

第8回自民党女性未来塾(12月14日)

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


晴れているが気温は低めだ。
13時過ぎに家を出て、JRの駅まで歩く。

DSC_0876s.jpg
13:12 上田橋から烏帽子岳方面。

DSC_0882s.jpg
西の方から雪雲が近づいて来た。風が冷たい。

13:36の新幹線で上野へと向かった。
浅草橋で買い物して、カフェで一休みしてから永田町へ。

DSC_0886s.jpg
17:45

IMG_3096s.jpg
今日の講師は甘利明氏。
元経済産業大臣で、現自由民主党選挙対策委員長である。
生甘利さんは初めて。どんなお話が聴けるかな。

DSC_0888s.jpg
17:58 甘利さん登場。

18:00から講演が始まった。

AI(人工知能)が生活の全領域に組み込まれつつあり
家庭にも「第4次産業革命」の波が広がっているというお話だ。
「モノ」が情報端末化して、情報を握ることが最重要となる。
Amazonなどの電子商取引は、
実は小売り業ではなくデータ収集業だというのが
甘利さんの指摘だ。

情報を制する者が世界を制する。

そこで、チャイナである。
チャイナは世界中の通信システムを支配下に置くことを狙っている。
チャイナ国内では7億人に電子決済が普及している。
アリペイというものだ。
買い物も交通機関も電子決済。
現金はほとんど使えない社会となっている。

一方でアリペイは信用情報管理システムを整備して
ポイント制で信用度をランク付けしている。
そこに政治的な介入があったら
例えば反政府的な人物のポイントを剥奪することによって
その人は拘束されなくても生きていけない。
食料も買えないし、交通機関を使えずどこへも移動できないからだ。

チャイナは国内に8000万台の監視カメラが設置され
全ての国民は顔認証で行動を当局に把握される。

このようなシステムが世界に広がることを防ぐには
日本、EU、米国の自由主義陣営が情報と通信を握らなくてはならない。
日本発の電子決済システムを早急に構築しなくてはならない。
あと3年で誰が主導権を取るかが決まる。

18dec14sa.jpg
甘利さんの話は分かりやすくとても面白かったが
その中核は背筋が凍るような怖いものだった。

質問タイムでは私も質問。
ソフトバンクのことだが、甘利さんはとても答えにくそうだった。
よってここに詳細を書くことは控える^^

19:15からの後半は出席者によるトークバトル。
テーマは出席者からの提案で、入管法と外国人労働者についてである。

私からは、技能実習生制度における
ブローカーの存在や受け入れ機関が天下りの温床であることなど
ほとんど知られていない制度の悪しき部分について発言した。
ある方は、留学生や技能実習生が種苗を違法に持ち出すなど
知財が脅かされている実態を指摘された。
他にも10数名の方が積極的に意見を述べ
白熱した議論が交わされて、非常に面白かった。

20:00閉会。
速やかに退出して、地下鉄有楽町線、山手線を乗り継いで東京駅へ向かった。