誘拐ビジネス アルジェリア人質事件

アルジェリアのガス・プラントでのテロ事件。

この事件では、10名の日本人を初めとして多くの方が命を奪われた。
初めに、亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りします。


さて、犯人グループが言うところの犯行目的、
「フランス軍のマリ空爆への抗議」というのは口実に過ぎなかったようだ。

事件発生当初から、
犯人グループのリーダーは、誘拐ビジネスで
10年間に80億円を手に入れたことがあると報じられていた。
その豊富な資金で装備を固め、のし上がってきたと。

以下は青山繁晴さんの解説による。

今回も彼らの目的は身代金を手に入れるための要人誘拐だった。
事件のあった1月16日、
現地では日本人やイギリス人の重役が集まって会議が開かれることになっていた。
犯人グループはVIPルームに直行して重役達を捕まえ
5台のジープに分乗してマリ共和国へ連れ去ろうとした。
マリ北部のアジトに逃げ込んで、
数ヶ月数年かけて、じっくり身代金交渉をする計画だったのだ。
身代金の相場は一人200万ドル(約1億八千万円)。
日本人相手なら、さらに相場をつり上げられると考えたのかもしれない。

アルジェリア軍はその情報を得て、躊躇なく車列を爆撃した。
テロリストに身代金交渉をさせないことが
誘拐ビジネスを含むテロの連鎖を断つために最善の方法だと判断したわけだ。

その後の展開は、作戦に失敗した犯人グループが生きて逃げる交渉を試み
交渉の余地がないことを悟って人質を殺害し
自分たちも殺害されたということだ。

青山さんの言葉を借りれば、
日本人犠牲者10名のうち、9名は「巻き添え」を食ったのである。

人命尊重を第一にというのは確かにそうだ。
しかし、一人の命を救うために身代金を払えば、テロリスト達は学習する。
日本人なら身代金を払う、と。
それによって、新たに10人、100人、1000人の日本人が狙われ、命の危険にさらされる。
今回のように巻き添えで多くの方々の命が奪われる可能性も大きい。

従って人命尊重を第一に考えるなら
絶対に誘拐されないためのあらゆる対策を立てること。
それに尽きるのだと思う。
今の世界の状況においては、誘拐されたら諦めるしかないのかもしれない。

過去、このような身代金を支払ったことがないのは
アメリカとイギリスだけだそうだ。

現在の超大国と、20世紀前半までの超大国。
この二つの国は、本当の人命尊重とは何かを
冷徹には見えるが、しかし正しく理解し実践しているのではないだろうか?

それから、テレビでの解説で言われていた
イスラム教徒がキリスト教徒を敵視していることは
今回の事件ではほとんど関係ない。
まして日本人も敵と見られるようになったというのも、完全に的外れだ。

それよりも、誘拐ビジネスの標的にされる危険性はどこにでも潜んでいることを知り
特に海外旅行に出かける際には
一般人といえども、できるだけの情報収集と警戒を怠ってはいけない。

地方公務員の早期退職のこと

地方公務員の退職金減額に伴う早期退職者のニュースが出ている。

制度変更が2月1日付けで実施されるため
1月末で退職するのに比べて、
3月末の退職では平均で150万円減額になる。

埼玉県では対象者の約一割が早期退職を申し出ているそうだ。

任期いっぱい勤め上げたとして、
2、3月の月給と差し引きで約60万円の損失となるという。
つまり2ヶ月間をただ働きした上に60万円取られるという計算だ。

地方公務員では教職員が多いこともあり
金が大事で教え子を見捨てるなんて、と非難する声も聴かれる。

だが、当事者の皆さんは
損得以上に、なんかバカにされたような、
正直誇りを傷つけられたような
嫌な気分だったのではないだろうか。

「30年以上真面目に働いてきて、最後にこの仕打ちかいっ?!」

頭では法律に則った制度変更であることは理解しても
ペナルティを食らったような思いになっても不思議ではない。
まして150万円は普通の人にとっては大金だ。

だから一部マスコミや政治家が
「意識が低い、公務員としての矜持はどこへ行った?」などど
早期退職する地方公務員の方々を非難することには賛同できない。

自分だってその立場だったら
さっさと辞めて2ヶ月間ゆっくり休みたいと思うだろう。
第一、150万円あれば二人でツールの現地観戦だって行ける(笑)。

だから、逆に九割もの方が、
任期いっぱい勤め上げることを選択したことに驚く。
日本以外の国ではちょっと考えられないのではないだろうか?
日頃公務員バッシングをしている人には、
是非考えを改めて欲しいくらいだ。

マスコミでは、
「こんな時期に実施するのが悪い、4月からにすれば良かったのだ。」
というのが多数意見のようだ。

こんな時期の制度変更となった張本人は、
じつは民主党の岡田元副総理だ。

人事院勧告で退職金に関する官民格差是正が出たが、
大幅な減額であり
来年度から段階的に引き下げるとの意見もあったのを
岡田氏が断固として今年度からの実施に拘った結果だ。
(賃上げの場合は人事院勧告凍結の前例有り)

岡田氏は元々公務員を目の敵にしている上に、札付きの吝嗇家。
公務員給与削減と人員削減に執念を燃やしていた。

官邸の経費削減と称して、みみっちいことをやりまくり
官邸機能を損なっていたことが、政権交代後に表に出てきている。
(内閣参与の飯島氏の証言)

今回の混乱も民主党政権の「置き土産」ということに
なるのかもしれない(嘆息)。

小野寺防衛大臣がプライムニュースに出演

小野寺防衛大臣がBSフジのプライムニュースに出演していた。
安倍政権の防衛政策について広範な課題を説明し
様々な質問に答えていた。

一緒に見ていた夫が
「小野寺さん、どこの大学だったっけ?」
「東京水産大学だよ。どうして?」
「いやあ、すごく頭がいいなって。
誘導質問には乗らないで、言うべきことをきっちり言ってるし。」

確かに、穏やかな口調を保ちつつ、堂々とした受け答えだった。

12月27日の記事
小野寺さんはハト派ではないだろう、と書いたが
やはりそうだった。
しっかりした国家観に基づいて
尖閣周辺や沖縄そして日本の防衛を考えている。
やるべきことが分かっていて、
それを着実に進めて行く姿勢が明確だった。

頼もしい。

2時間の番組の最後の方で、視聴者からの質問で
民主党の鳩山元首相が訪中して売国発言をした件について聞かれ

「一瞬、国賊という言葉が頭をよぎりました。」

静かな口調の言葉からは、強い怒りが伝わってきた。

それを聞いて、夫も私も思わず
「よく言った!!」と拍手した。

この厳しい情勢で大変な役割だが、
小野寺さんならよい仕事をしてくれるはず。

是非頑張って欲しい。

最後の砦

大阪の高校で、運動部キャプテンの2年生男子が自殺した。

顧問の教師に何度もビンタを張られて口を切ったりしていたという。
自殺前日には30発とか40発殴られて、顔が腫れ上がっていたそうだ。

発憤させるための体罰?

常識的に考えて、そんな言い分は通らないでしょう。

生徒を大事に思う気持ち、生徒への愛情があれば、
絶対にこんなことはしない。できない。
どう見ても、この生徒が気にくわなくて
肉体的精神的に攻撃を加えていたとしか思えない。

キャプテンである生徒に対して、
「Bチーム(2軍)落ちするか?」と言ったそうだから。

圧倒的優位にある顧問教師という立場からの
究極のパワハラである。


多くの親は、まさか学校でこんなことが、と驚くだろう。
しかし現実としてこんなことがあるのだ。

3人の子供達を育ててきて、
人にも自分自身にも常々言ってきたことがある。

親は子供を守る最後の砦

世の中が平穏で、地域や学校が子供達を守ってくれているうちは
親が頑張る場面も無いだろう。
しかし現実には学校で我が子が危険にさらされることがある。
そうなったら子供を守れるのは親だけだ。

自殺した生徒の親御さんは、
我が子が命に関わる攻撃を受けている、
とまでは思わなかったのだろう。
それによって「最後の砦」が砦として機能しなかった。

悪いのは暴力顧問教師であり、
その教師を放任していた学校当局である。
但し、いくら彼らを厳罰に処したところで、
亡くなった生徒は帰ってこない。

死んでしまったらお終いなのだ。

教師でも児童生徒でもどこにでも、たちの悪い奴は必ず存在する。
そういう加害者を完全に排除するのは、残念ながら不可能だと思う。
ならば、そういう連中に我が子が出くわすことを前提に
親は我が子を見守り
いざという時にはすぐに行動を起こす。

自分がこの子を守る「最後の砦」なんだという覚悟と決意を
すべての親御さんに持って欲しいと
改めて、強く、願う。