最後の砦

大阪の高校で、運動部キャプテンの2年生男子が自殺した。

顧問の教師に何度もビンタを張られて口を切ったりしていたという。
自殺前日には30発とか40発殴られて、顔が腫れ上がっていたそうだ。

発憤させるための体罰?

常識的に考えて、そんな言い分は通らないでしょう。

生徒を大事に思う気持ち、生徒への愛情があれば、
絶対にこんなことはしない。できない。
どう見ても、この生徒が気にくわなくて
肉体的精神的に攻撃を加えていたとしか思えない。

キャプテンである生徒に対して、
「Bチーム(2軍)落ちするか?」と言ったそうだから。

圧倒的優位にある顧問教師という立場からの
究極のパワハラである。


多くの親は、まさか学校でこんなことが、と驚くだろう。
しかし現実としてこんなことがあるのだ。

3人の子供達を育ててきて、
人にも自分自身にも常々言ってきたことがある。

親は子供を守る最後の砦

世の中が平穏で、地域や学校が子供達を守ってくれているうちは
親が頑張る場面も無いだろう。
しかし現実には学校で我が子が危険にさらされることがある。
そうなったら子供を守れるのは親だけだ。

自殺した生徒の親御さんは、
我が子が命に関わる攻撃を受けている、
とまでは思わなかったのだろう。
それによって「最後の砦」が砦として機能しなかった。

悪いのは暴力顧問教師であり、
その教師を放任していた学校当局である。
但し、いくら彼らを厳罰に処したところで、
亡くなった生徒は帰ってこない。

死んでしまったらお終いなのだ。

教師でも児童生徒でもどこにでも、たちの悪い奴は必ず存在する。
そういう加害者を完全に排除するのは、残念ながら不可能だと思う。
ならば、そういう連中に我が子が出くわすことを前提に
親は我が子を見守り
いざという時にはすぐに行動を起こす。

自分がこの子を守る「最後の砦」なんだという覚悟と決意を
すべての親御さんに持って欲しいと
改めて、強く、願う。