汚染水漏れと韓国の対応

東京電力福島第一原子力発電所のタンクから汚染水が漏れ出した問題で、
韓国政府が、日本の水産物に対する不安が高まっているとして、
福島県をはじめ8つの県の水産物をすべて輸入禁止にすると発表した(ソース)。

そのニュースは晩ご飯を作りながら聞いていた19:00のNHKラジオニュースで知ったのだが
その伝え方はオリンピック招致とも絡めて
「さあどうする?どうする?きわめて深刻な現実を突きつけられたのぞ?」
というトーンだった。
NHKが高揚感を抑えきれずにはしゃいでいるように感じられた(苦笑)。

前振りが「事態は深刻さを増しています。」だったので
ニュースの中味を聞いて、なあんだと思った。
そして一人で大笑いしてしまった。

晩ご飯を食べながら、まだこのニュースを知らない夫に教えてあげた。

「福島の汚染水漏れで、韓国がね、8つの県の水産物を輸入禁止にするんだって。」
「で、その8つの県が、福島、千葉、茨城と、宮城、岩手、青森と
あと二つがね・・・。」

ここで一呼吸置いて、夫の注意を引きつけて・・・

「栃木と群馬だって。」

夫は爆笑して、笑い転げた。
よしっ、ウケたっ!(^^)!
私も改めて大笑い。

どうやったら福島の海岸近くで漏れた水が
内陸のしかも分水嶺を隔てて遠くの栃木や群馬に広がるというのだろう?
誰かが容器に入れて運びでもしない限り、100%あり得ないことだ。

「地図見りゃ中学生でも分かる。
韓国政府ってそこまでひどいレベルだったんだねぇ。」
と夫が驚き呆れていた。

「管官房長官が、科学的根拠に基づいて対応して欲しいって
コメントしてるし。
さすがに管さんも呆れてるんじゃないの?」

言うまでもなく、漏れた汚染水は港湾内部にとどまっていて
その量から考えても海の水産物にも何ら影響は無い。

日本のマスコミは原発のこととなると
ことさら不安をあおるような報道をしているように感じる。
東京オリンピック招致にマイナスになる、なる、と騒ぎ立てて
何が嬉しいのだろう(怒)。

同様に韓国政府の「過剰反応」も、
もしかすると「日本へのネガキャン」の一環なのかもしれない。
レベルの低さと悪意とがない交ぜになっているような・・・(嘆息)。