マレーシア機撃墜のこと

去る7月17日、ウクライナ東部ドネツク州にマレーシア航空17便が墜落し
乗員乗客合わせて298名全員が亡くなった。

ウクライナ東部は親ロシア派武装勢力の支配下にあり
彼らが地対空ミサイルを使ってマレーシア機を撃墜した可能性が高い。
そこで、彼ら、というよりも
彼らを後方支援しているロシア=プーチン大統領に対する非難が
「国際社会」では高まっているようだ(報道によると)。
特にアメリカはEU各国に対してロシアへのさらなる制裁を促している。

そもそも、親ロシア派武装勢力は何故マレーシア機にミサイルを発射したのか?
それはウクライナ軍の爆撃機と間違えたからだ。
7月17日時点でウクライナ東部は戦闘地域であり、ウクライナ軍が空爆を行っていた。
空爆で殺される前に敵機を打ち落とすのは、戦闘中なら当たり前の行動だ。
そんなことは子供でも分かる。

ならば、そのような空域をなぜ民間機が飛んでいたのか?
それは飛行禁止区域に指定されていなかったからだ。
低い高度は飛行禁止だが通常民間機が飛ぶ高度10000メートル以上は
飛行禁止区域に設定されていなかった。

地上の親ロシア派武装勢力の立場で想像してみよう。
「高い所を飛んでいるからあれは民間機だ。」
と冷静に判断できるだろうか?
もしそれが敵機で、急激に高度を下げてきて爆撃したら
自分達は命を落とすのだ。
死ぬか生きるかの戦闘状態にあって、
十分な確認をせずにミサイルを発射したとしても
彼らにとってはやむを得ない行動だっただろう。

また、危険回避のために
平時の航路を変更してこの空域を避けていた航空会社もいくつもある。
要するに「ここは危ない空」だったのだ。

私の意見としては
・戦闘地域上空を飛行禁止としなかった管制機関
・万一の危険を回避するための航路変更を怠ったマレーシア航空
がこの事故を誘引し
・ミサイルを誤射した親ロシア派武装勢力
が直接引き金を引いたということになる。
これら3つの要因のうちどれか一つでも欠けていれば、この悲劇は起きなかった。

プーチンは「この事件を政治的に利用するな。」と言った。
まさしくその通りで、ロシア及びプーチンの責任だというのは
牽強付会も過ぎるのではないだろうか。

ところで、この悲劇によって、得をするのは誰か?
ロシア非難が高まるとするならば、
得をするのはウクライナ? アメリカ?
上にあげた「戦闘地域上空を飛行禁止としなかった管制機関」は
どこの国からも中立な機関なのだろうか?
まさか裏で何らかの意志が働いたというのではないよね・・・

これ以上は調べていないから分からないけれど
少なくとも一方的な「ロシア悪玉論」には与すべきではないと思う。

訪米中のみんなの党の誰かや、一部マスメディアが
この事件を根拠に
プーチン大統領の訪日(今秋予定)に難癖を付け始めている。
考えずに言っているなら幼稚だし
分かって言っているなら売国的だ。

アメリカはアメリカの国益のためにアメリカの理屈で行動する。
我が国は我が国の国益を第一に考えて我が国の論理で行動する。
当たり前のことだ。

プーチン大統領の訪日は予定通りに実現するべきだ。
そのためにも引き続き安倍さんを応援する。


この事故で亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りします。