テロリストに加担する一部の日本人

自称イスラム国(ISIL)による日本人人質事件は
二人の人質が殺害されるという残念な結末になった。

湯川氏、後藤氏のご冥福をお祈りします。

話の通じない凶悪なテロ集団を相手にして、日本政府はベストを尽くしたと思う。
それなのにこの事件を政府の責任だと声高に主張する人達がいる。
彼らは自国政府を信用していないどころか
自称イスラム国の方を信用しているんじゃないかと思えるほどだ。

「安倍総理が刺激した。」「日本政府の対応が悪かった。」等々
「安倍の責任だ」とナイフを振り回して脅迫する卑劣なテロリスト達を
しっかり応援している。

チャイナやコリアの反日プロパガンダも
発端は一部の日本人が火を付けて煽ったことだった。
そういう連中が今回もまた反日活動の一環として
ISILの援護射撃をしていると考えれば
現象をスッキリと説明できる。
テロリストに加担する一部の日本人を許すことはできない。


テロに屈するとは金を払うことだけではなく
テロリストに配慮して行動や言動を変更することも含む。
テロリストに影響力を持たせてはならない。
脅しが通じない状況を作ることこそ、テロを根絶するための最大の武器だろう。

それにつけてもこんな厳しい世界情勢の時に
安倍さんが総理大臣で本当によかった。
だからこそ逆に、反日勢力は安倍さんが憎くてたまらないのだろうな。