「わざとだろ?」 船田氏の件

梅雨の晴れ間で朝から青空が広がった。
早速洗濯機を回し、コタツを撤収してコタツ布団を干した。
明日からはまた雨模様らしい。

ところで、6月6日の記事を読んだ夫が言った。

わざとだろ?

人選ミスではなく、こうなると分かっていて
しらっと長谷部氏を推薦した。
船田氏は確信犯。そうとしか考えられない、と。

あの記事を書いた後、船田氏の公式サイトを見た私も
そのお花畑ぶりに改めて驚いていたところだった。
例えば・・・

はじめのオピニオン
明治日本の産業革命遺産 
[2015.05.11]
 先日、ユネスコの諮問機関であるイコモス(国際記念物遺跡会議)から、明治前期の産業革命に貢献した23の資産が、世界文化遺産にふさわしいと勧告された。今後ユネスコの専門家会議で精査されて、7月には最終決定されるという。
 製鉄、造船、石炭産業など、ものづくりに直接関わった施設が多いが、中でも異色なのが長崎のグラバー邸と萩の松下村塾である。グラバーはスコットランド出身の武器商人だったが、明治維新後は造船所や高島炭鉱の経営に携わったことから選ばれた。吉田松陰の松下村塾は、維新後の日本の近代化を支えた多くの人材を輩出したことから選ばれた。
 地理的には福岡県、長崎県、佐賀県、熊本県、鹿児島県といった九州に集中しており、後は山口県と岩手県、静岡県に存在する。岩手県は釜石の高炉跡、静岡県は伊豆韮山の反射炉である。昨年は同じ産業遺産として、群馬県の富岡製糸工場が世界遺産に選ばれたので、東西のバランスが取れたのかも知れない。
 このようなイコモスの勧告に対して、韓国からクレームが出されてしまった。太平洋戦争の一時期、併合されていた韓国から強制徴用された人々が、これらの施設で働かされた歴史があり、世界遺産として相応しくないという主張である。歴史的事実は認めざるを得ない、指定の対象年代が1850年から1910年の間であり、時期がずれている。このことを日本政府は丁寧に説明する必要がある。
(後略)
ーーーーー

韓国が強制徴用と称するものは戦時徴用であり、当時の日本国民全てに課せられていた。
1939年に国民徴用令が制定され、第二次世界大戦の終結まで行われたが
朝鮮半島から内地への徴用については1944年9月から1945年3月までの7ヵ月間に限られた。
それに先立ち、募集や斡旋によって朝鮮半島から朝鮮人が内地に働きに来ていたが
それらは契約に基づいて給料が支払われる「雇用」であった。
そして戦時徴用においても賃金は支払われていたのだ。
炭鉱労働は過酷である代わりに高給が得られるため希望者は多く
当然日本人も朝鮮人もそこで働いていた。
ウィキによると
「戦後、賃金の一部が未払いであったことが問題とされたが、
1965年に締結された
財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定
によって未払い賃金を含めた経済支援が韓国に行われ、完全かつ最終的に解決された。」
とある。

これが歴史的事実であり、韓国のクレームは言いがかりに過ぎない。
しかし船田氏にはその認識がないことは明らかだ。
「歴史的事実は認めざるをえない」とは
何という無知、何という不勉強(呆)。

また船田氏は選択的夫婦別姓制度に賛成の立場で、
ウィキによると
「選択的夫婦別姓制度導入に賛同する。「民法七百五十条は形式的には男女平等だが、ほとんどの場合は夫の姓になる。これは、間接的差別。そういう、やはり男女の差、あるいは差別に近い形がこういう社会通念の中にまだまだ入っているということがあり、そういうものを積極的に是正をしていくための法律、立法措置が必要」と述べた[第159回国会衆議院 - 憲法調査会基本的人権の保障に関する調査小委員会 - 1号 平成16年02月19日]。」
とのことだ。

物事にはメリットとデメリットがある。
選択的夫婦別姓制度で男女平等が進む(と船田氏は思っているらしい)ことのメリットと
家族の一体感が損なわれ、社会を構成する基盤としての家庭が揺らぐデメリットと
どちらが大きいかという視点が欠けている。

これらのことから判断するなら
船田氏はお花畑リベラルであり
安倍政権の基本理念と相容れない人物だ。

こんな人物を、どうして安倍政権は重用するのだろう?
党内の派閥関係とか人脈とか、
使わざるを得ない事情があるのだろうが
よりによってこんな左巻きが党憲法改正推進本部長とは
一人の自民党員として、目まいがする。

もしも単なる「無能のせい」ではなくて
夫が言うように「わざと」だとしたら
それはもう工作員だ。
今後憲法改正に向けて厳しい局面が続くのだから
自民党として、うやむやにすることなくきちんと責任を追及し
後顧の憂いを断ってもらいたい。

高村さんの言うとおり!

安全保障関連法案の審議において
野党民主党の「言いがかり→審議拒否」がひどすぎる。
高額な歳費を受け取りながら真面目に法案審議をしないのは
全ての国民に対する背信行為だと思う。

産経新聞 2015.5.29
【論戦安保法制】
外相答弁めぐり委員会審議が紛糾 野党が退席、散会に
 衆院平和安全法制特別委員会は29日、岸田文雄外相の答弁をめぐり紛糾し、開始から約1時間で野党が一斉に退席して中断。午後1時過ぎ、質疑が再開されないまま散会した。
 野党が問題視したのは、民主党の後藤祐一氏の質問に対する岸田氏の答弁。後藤氏は平成10年に当時の外務省局長が国会で答弁した周辺事態の概念について「軍事的波及が日本にない場合は周辺事態に該当しないとする答弁について政府は現在も維持しているか」とたずねた。
 これに対し、岸田氏は「政府委員(外務省局長)の答弁の後、平成11年に政府(統一)見解を示した。その考え方は今日まで維持されている」と答弁。後藤氏は納得せず質問を繰り返したが、岸田氏も答弁を変えなかっため、民主、維新、共産の野党各党が反発し、一斉に席を立った。
ーーーーー

このような状況について
高村正彦自民党副総裁が野党を厳しく批判した。


朝日新聞デジタル 2015年6月3日
「この国の政治どうなるのか末恐ろしい」 自民・高村氏
■高村正彦・自民党副総裁
 安全保障法制について、野党は「早く国会で審議しろ」と言っていたのに、いざ審議が始まると四の五のいって審議に応じようとしないのには憤りを感じる。実のある審議のために、唐突な質問は避けて細かい内容は事前に質問項目を出す、という慣行を民主党は破り、15年以上前の政府委員の答弁についていきなり岸田文雄外相に質問した。そんなことは事前通告が無ければ答えられるわけがない。テレビに大臣が戸惑った姿を映させて「一本取った」という、戦術だけうまい若い議員をみると、これからこの国の政治はどうなっていくのか末恐ろしい気がする
 また、最高責任者である首相が国民に説明しようとすると「長い」「あなたに聞いていない」と言って邪魔する。「国民によく説明しろ」「国民が理解していない」と言っていた野党は、本当は「説明されたら困る」「理解されたら困る」と思っていると断ぜざるを得ない。責任野党なのであれば、しっかり中身で勝負してもらいたい。(自民党本部で記者団に)
ーーーーーーー

高村氏の仰るとおり!
完全に同意する。

ちなみにこの「戦術だけうまい若い議員」こと民主党の後藤祐一氏は
こんな事件を引き起こしている。

産経新聞 6月4日
民主・後藤祐一氏に禁酒令 「釣り銭受け取る法的根拠は何か!」泥酔してタクシー運転手に難癖、警察沙汰に
 民主党の後藤祐一衆院議員が3日未明、泥酔状態で都内の議員宿舎に帰宅し、タクシー運転手とトラブルとなり警察官が出動する騒ぎになっていたことが分かった。高木義明国対委員長は口頭で厳重注意を行い、安住淳国対委員長代理は1年間の禁酒を厳命した。
 後藤氏は関係者に「今後このようなことがないように襟をただして身を律し、国会活動に専念する」と陳謝した。後藤氏は当選3回で、現在は安全保障関連法案を審議する衆院平和安全法制特別委員会に所属している。
 民主党幹部によると、後藤氏は2日夜のテレビ番組出演後に飲酒し、3日午前2時半ごろ、タクシーで議員宿舎前に到着した。だが、後藤氏はなかなか降りようとせず、手に負えないと判断した運転手が警察に通報した。後藤氏は釣り銭をめぐって「受け取る法的根拠は何か」などと運転手を怒鳴り、その後、転倒して頭を打つなど全治1週間の軽傷を負った。
 後藤氏は議員宿舎内で、騒ぎを聞きつけた自民党など与野党議員らに介抱された。タクシー代は支払っており、運転手や介抱した議員らにけがはなかった。
ーーーーー

後藤氏は46歳だ。
それが泥酔して真夜中に警察沙汰を引き起こした。
まともな社会人ではあり得ない醜態をさらしたのが
国会議員だということが、実に情けない。
「口頭で厳重注意を行い、1年間の禁酒を厳命」というのも、甘い。
国会議員の資質以前に,社会人としての良識・常識が欠落している。

しかしまあ、民主党にそんなことを言っても無駄だろう。
「民主党議員に社会常識を求めるのは、八百屋に魚を求めるようなもの」
なのだ(苦笑)。

筆坂氏はいつ目覚めたのか?

今日の産経新聞に筆坂秀世氏の書評が掲載されていた。

【この本と出会った】
政治評論家・筆坂秀世 『おじいちゃん戦争のことを教えて 孫娘からの質問状』 欠落した近現代史を語る
 中條高徳(なかじょう・たかのり)氏と出会ったのは3年前の酒席だった。この初対面の目的は、実は私に対する「面接試験」であった。当時、中條氏は保守系シンクタンクである日本戦略研究フォーラムの会長だった。そこの常務理事が兵庫県立伊丹高校で私と同級生だった長野俊郎君でその彼が、同フォーラムに私を参加させたいために中條氏の判断を仰ぐという仕掛けを施したのだ。
 私の共産党入党の動機など色々なことを話したが、一番うれしかったのは、「君が共産党に入党したのも、私が陸軍士官学校に入ったのも、思いは同じだ」と言われたことだった。最近では、旧日本軍人への悪口雑言が平気で語られるが、陸士や海軍兵学校に入学した若者たちは、本書でも述べられているように、「国のために尽くしたい」という一心で軍人の道を選択したのだった。
 私も「この世に生を受けた以上生きた証しが欲しい。それは社会進歩に身を捧(ささ)げることだ」という思いから共産党に入党した。「資本主義から社会主義・共産主義への発展は歴史的必然」というマルクス主義を人類解放の理論として信じていたのだ。現実の社会主義は一党独裁による人民抑圧の体制でしかなく、まさに理想とは逆であったのだが。しかし、国のために社会のために貢献したいという思いは、決して偽りはなかった
 「面接試験」の次には、「宿題」が与えられた。それが本書を読んでの感想文提出だった。2日ほどで一気に読んだ。この中でもっとも私の心をとらえたのが、次の一文だった。「学校の歴史教育は江戸時代まで教えるのがせいぜいで…近現代史はほとんど触れられていない」「近現代史を欠いた歴史は歴史とはいえない…太く力強い近現代史を持たない国は歴史を、つまりは固有の文化や伝統を持たない国であり、そういう国は根無し草でしかない」
 実は、共産党を離党して以降、私にもっとも欠落していることは近現代史への理解だと痛感していた。近現代史を共産党という極端な視野狭窄(きょうさく)の眼でしか見てこなかったからだ。この歴史観からは明治維新も、殖産興業も、富国強兵も、すべてが間違っていたことになる。戦前は暗黒社会という一言で片づけられてしまうのである。
 だが明治維新も、殖産興業や富国強兵もなければ、日本は欧米列強・帝国主義国の絶好の餌食となっていたことだろう。本書は、学校教育では欠落している近現代史を孫娘に語るという方法でその欠落部分を埋めたものである。国家主権も、国民主権もない占領下で作られた現憲法、勝者による一方的断罪でしかなかった東京裁判、戦争の悲惨さなど、学ぶべき視点と歴史の事実が満載である。
 中條氏は、残念なことに昨年末、この世を去られた。私が感想文を送った後に会ったとき、「君は幸せだよ。一回の人生で二回生きることができるのだから」と言われた。「一身二生(いっしんにしょう)」の人生である。残された人生、悔いなく生きたいと本書の前で誓う。(中條高徳著 小学館文庫・571円+税)                  
◇【プロフィル】筆坂秀世
 ふでさか・ひでよ 昭和23年、兵庫県生まれ。県立伊丹高校卒。共産党で政策委員長などを歴任し、参院議員を2期務めた(平成17年に離党)。著書に『日本共産党と中韓』など。
◇『おじいちゃん戦争のことを教えて』はアサヒビール名誉顧問だった中條高徳氏が、米国の高校で歴史を学ぶ孫娘からの質問に答え、自らの陸軍士官学校での体験や戦争観をつづった長文の手紙を書籍化した。
ーーーーーここまで引用ーー

筆坂氏が、かつて不破哲三氏の下で日本共産党ナンバー4の地位にあったことは知っている。
それから離党して、最近はテレビ出演でまともなことを言う人だと思っていた。
この文章を読んで、筆坂氏が離党したのが平成17年、50代後半のことだと分かった。
私が目覚めた年齢とほとんど一緒だ。
「目覚めて、共産党をやめたのだろう」と、最初は思った。

しかし気になって調べてみると
平成15年に参議院議員在職中の不祥事(セクハラ問題)で失脚していて(一説では粛正された)
離党するまでの2年間は無役で党の仕事をしていた。
そうすると、目覚めて離党したという単純な話では無いのかもしれない。

失脚 → 目覚めた → 離党
失脚 → 復権の見通しなく離党 → 目覚めた

のどちらかなのだろうが、私は二番目のような気がする。

上記の文章にも
「共産党を離党して以降、私にもっとも欠落していることは近現代史への理解だと痛感していた。近現代史を共産党という極端な視野狭窄(きょうさく)の眼でしか見てこなかったからだ。」
とあり、離党してから様々なことに気付いた風だ。

いずれにしても、もし平成15年に失脚していなければ
筆坂氏は今でもバリバリの日本共産党幹部で論客で
反日日本人の先頭に立っていた可能性が高い。

そう考えると、筆坂氏本人にとっても日本国民にとっても
平成15年の「不祥事」は幸運な出来事だった。

私は、「あちら側」から、目覚めて「こちら側」に来た者として
一人でも多くの人に一日でも早く目覚めて欲しい
と願っているし、そのために出来る範囲のことをしている。
もし筆坂氏が同じような気持ちでいるなら,とても嬉しい。

そして、是非中條高徳著のこの本を読もうと思っている。

自民党も人材不足っぽい

6月4日の衆院憲法審査会の参考人質疑で
3人の参考人全員が安保関連法案を違憲だとした。
与党側が推薦した参考人までもが、だ。

ところがそもそも
与党側参考人の長谷部恭男氏(早稲田大学教授)は
安保法案に反対する有識者の団体で活動している人物だという。

以下に産経新聞の記事を転載する。
与党参考人が安保法案「違憲」 “人選ミス”で異例の事態 野党「痛快」 憲法審査会
 衆院憲法審査会は4日、憲法学の専門家3人を招いて参考人質疑を行った。憲法解釈変更による集団的自衛権の行使を含む新たな安全保障関連法案について、与党が推薦した参考人をはじめ全員が「憲法違反だ」と批判した。与党が呼んだ参考人が政府の法案を否定するという異例の事態となり、“人選ミス”で墓穴を掘った
 自民党や公明党などが推薦した早稲田大の長谷部恭男教授は審査会で、安保法案について「憲法違反だ。従来の政府見解の基本的な論理の枠内では説明がつかない」と明言した。
 これに対し、法案作りに関わった公明党の北側一雄副代表は「憲法9条の下でどこまで自衛措置が許されるのか突き詰めて議論した」と理解を求めた。だが、長谷部氏は「どこまで武力行使が新たに許容されるのかはっきりしていない」と批判を続けた。
 関係者によると、自民党は参考人の人選を衆院法制局に一任したという。ただ、長谷部氏は安保法案に反対する有識者の団体で活動しているだけに調整ミスは明らか。「長谷部氏でゴーサインを出した党の責任だ。明らかな人選ミスだ」(自民党幹部)との批判が高まっている。
 審査会幹事の船田元(はじめ)自民党憲法改正推進本部長は、長谷部氏らの発言について、記者団に「ちょっと予想を超えた」と釈明。船田氏はその後、佐藤勉国対委員長から「自分たちが呼んだ参考人の発言だから影響は大きい。安保法制の議論に十分配慮してほしい」と注意を受けた。
 一方、野党は衆院平和安全法制特別委員会で「政府・与党の矛盾」を追及する構えだ。審査会で長谷部氏の発言を引き出した民主党の中川正春元文部科学相は党代議士会で「憲法審査会で久しぶりに痛快な思いをした」と満足げに語った。
ーーーーーー

船田氏と言えば以前に「あれっ?」と思うような発言をした記憶があった。

2015年3月1日 産経新聞
「自民の改憲草案、ズタズタになる」 船田氏、野党との協議「妥協の余地」強調
 自民党の船田元(はじめ)憲法改正推進本部長は1日夜のTBSのBS番組で、憲法改正をめぐり同党が平成24年4月に策定した憲法改正草案について「これから大いなる妥協が始まる。草案はズタズタになる」との見通しを示した。
 与野党で改正原案を取りまとめる段階では野党の考えを尊重する意向を示したもので、「(草案が)このまま憲法改正原案になることはない。国会で3分の2を超える人が賛成してくれなければ憲法改正の発議はできない」と強調した。
 改正原案に関しては「来年の参院選前の通常国会に提示し、議論をしていく」と述べた。

2015年3月1日 日本経済新聞
「国防軍は行き過ぎ」 自民憲法改正推進本部長
 自民党憲法改正推進本部の船田元本部長は1日のBS―TBS番組で、同党の憲法改正草案に沿った9条への国防軍の明記について「国防軍という名前は行き過ぎな感じがする。私は自衛隊のままでもいいと思っている」と述べた。「このまま憲法改正の原案になることは全くない。妥協をせざるを得ず、草案はほとんどズタズタになると思って結構だ」とも語った。
ーーーーーーーー

今年3月の発言だった。

この人大丈夫か??

自民党の憲法草案には党としての思いが込められているのではないか?
それを最初から「妥協OK!ズダズダにしていいよ~」とは。
そんなにいい加減な草案を出してきたのかと思われるような
本当にひどい「利敵発言」だ。
国会審議を通して与野党が歩み寄ることになるとして
「如何に我が方に近い所まで引き寄せるか」
という、いわば交渉事であり
そのために説得力のある、十分に錬られた草案を準備しているのではないのか?

日経にある「国防軍という名前は行き過ぎな感じがする」も意味不明だ。
「自分の国は自分で守るという普通の国になる」ための憲法改正である。
現実を見ようとしない、お花畑感覚の持ち主なのだろうか?
党として公表した草案に対して
「この部分は個人的には賛成できない」などど口走る人物を
党の憲法改正推進本部長にしていることは、大いに疑問である。

今回の件で
「長谷部氏でゴーサインを出した党の責任だ。明らかな人選ミスだ」
に私も完全に同意する。
それに対しての船田氏のコメントが
「ちょっと予想を超えた」だというのが,呆れる。
何をどのように予想していたのか、是非真意を聞きたいものだ。

憲法改正推進本部長の任にある者として責任を感じているなら
平謝りに謝って、猛省して、
このミスを埋め合わせるべく行動するはずだが、
そんな気配は伝わってこない。

もうこの人、クビにした方がいいと思う。
今後も同じような利敵行為を繰り返すに違いない。
そもそも国家観と憲法観がお花畑リベラルなのだから。

それにつけても、自民党もつくづく人材不足だ(嘆)。
やはり私も頑張らなくてはっ!(爆)

年金情報流出はチャイナのサイバー攻撃らしい

日本年金機構から大量の個人情報が流出した事件。

メールに添付されたウィルスファイルを複数の職員が不用意に開き
パソコンがウィルスに感染したわけで
年金機構のセキュリティの不備が指摘されている。

青山繁晴氏(虎ノ門ニュース8時入り 6月4日放送)によると
今回のウィルスプログラムはワードで書かれていて
そのフォントが中国語用のものだという。
それは中国語を日常的に使用している人間が深く関わっていることを意味する。
さらにこの事件については
既にアメリカ政府機関(FBIなど)と共同で捜査を進めているとのこと。

つまり、日米両国政府はこの事件をチャイナからのサイバー攻撃とみなしているのだ。
おそらくその通りだろう。
と思っていたら、「やっぱり」という記事が出た。

今朝の産経新聞によると
防衛情報も流出か 機構攻撃者と手口酷似
  日本年金機構から年金個人情報約125万件が流出した事件で、機構への不正アクセスと同一とみられる攻撃者が、日本の防衛情報に関する文書を抜き出した可能性があることが4日、情報セキュリティー会社の分析で分かった。攻撃者は年金情報だけでなく、情報窃取を目的に、企業や政府機関へ一斉に不正アクセスしたとみられ、日本を標的に攻撃している疑いが強まった。

 セキュリティー会社「カスペルスキー」によると、昨年9月中旬ごろから、日本国内を狙って不正プログラムを組み込んだ「標的型メール」を送り付けるなどの攻撃を確認。これらの攻撃者が盗んだ情報を保管するなどした複数のサーバーの特徴が、今回の年金機構の不正アクセスの攻撃者と同じだった。手口も似ており、同一の攻撃者だったとみている。
 一連の不正アクセスを精査したところ、日本の防衛情報とみられる文書が見つかった。政府関連やエネルギー、製造など各分野の情報も見つかり、攻撃の標的となって情報流出した疑いがあるという。
 同社は、攻撃者が明確な目的を持って攻撃対象の情報価値やセキュリティーを分析し、最終的に抜き取る情報も選別していると指摘。業種により、文書ファイルやメールアカウントなどを選び出し、抜き取ろうとしているとみている。
 機構への不正アクセス事件でも、業務への関連をにおわせる表題の標的型メールを受信した職員の端末がウイルスに感染。複数のサーバーを経由した遠隔操作で、大量の情報が抜き取られた。警視庁公安部は発信元の特定や、流出の経緯の捜査を進めている。
 同社は機構の事件が「氷山の一角」だと指摘。被害が表面化しないまま、重要機密などを含む大量のデータが流出している可能性があるとしている。
(記事はこちら
---------

このサイバー攻撃が昨年9月中旬に始まっていたと聞いて、背筋が寒くなった。
何故今まで気付かなかったのか、気付けなかったのか?
日本の国、日本国民にとって重要な情報がどれだけ盗まれてしまったのか?
情報セキュリティの脆弱さは、大きな問題であり
早急に対策を打って、防御体制を強化しなくてはならない。

実弾が飛び交う戦争ではないが
これは明らかにサイバー戦争という戦争の「前哨戦」である。
我が国が重大な攻撃を受ける深刻な危機が差し迫っている今は
国を挙げて、日本国民が一丸となって危機に立ち向かわなくてはならないはず。

ところが、野党はこれを安倍政権攻撃の切り札にしようと気勢を上げている。
国防を強化するための法案審議はそっちのけで
政府の責任を追及するのだと、はしゃぐ姿は、
とても日本人とは思えない。
ああいう者達が日本国の国会議員だということが
つくづく情けない。

安倍政権の足を引っ張って、誰が喜ぶか?
安保法制が整わなければ誰が得をし、喜ぶか?

ずばりチャイナである。

野党の国益毀損とも見える行動に
チャイナのロビー活動の影を感じてしまうのは、考え過ぎか?

この局面において、この問題を安倍政権攻撃に使おうという者達は
物事の軽重を判断できないダメ人間か、売国奴(チャイナの工作員)であると
私は見なす。