かわいそうな歴史の国の中国人

DSCN7282s.jpg

宮脇淳子著 かわいそうな歴史の国の中国人

帯:
平気でウソをつき、ウソを本当にしようとする中国人の強さの秘密は、中華文明の弱さに理由があった。
中国四〇〇〇年の歴史など存在しない!
かわいそうなくらい「ないないづくし」だった中国
・歴史的に見れば中国という国はなかった
・中国は易姓革命によって王朝ごとに断絶した歴史しか持たない
・中国人は漢字という不自由な文字に苦しんできた
・中国人にはこれまでずっと共通語がなかった
・中国はモザイク国家であって、ひとつの中国など存在しない
・中国では国家は税金を取り立てるだけで民衆を守ることがなかった
・中国は歴史的に汚職なしには回らない世界だった

この本を読んだのは1ヶ月以上も前で、早く記事にしたいと思いつつサボっていた(汗)。

本書の中で一番驚いたのは、
賄賂が、長い歴史と伝統に根ざしたチャイナの文化そのものだということだ。
ーーp44よりーーー
シナの王朝は基本的には官僚制によって統治されるわけですが、たとえば中央官庁が官僚に給料を出すという仕組みにはなっていない。
(中略)
皇帝は、科挙の試験を通った官僚に県知事の肩書きと印鑑を与える。県知事に任命された官吏が地方に赴任するときに、皇帝が与えるのは肩書きだけで、お金はいっさい出ません。県知事という肩書きがあれば、税金を集めることができて、一定の税金を中央に送れば、残りは自分の収入にすることができるというシステムです。
これは秦の始皇帝が統一したときからずっと変わらないシナの伝統です。シナの官僚も、土地で雇われる小吏も、原則として無給で、官僚はその地位を利用して適当に稼ぐものとされました。どこからどこまでが賄賂で、どこからが正当な報酬かははっきりしません。これがじつは、シナの官僚というものなのです。
ーーp45よりーーー
中央から派遣された県知事は、皇帝の代理人として裁判権を持っていました。裁判は県知事の裁量しだいです。だから彼らは、被告と原告の両方からお金をもらって裁判をしていました。
こうした伝統があるので、いまの共産党の官僚たちも、何か仕事で口利きしたときには、必ず賄賂を取る。それも自分たちが出会った人ごとにすべてからお金を取ろうとするのです。もちろん外国企業でも同じことです。日本では考えられないことですが、中国ではそれが普通なのです。日本ではこれは汚職ですが、あちらは正当だと思っている。口を利いてやった、俺の地位を利用して仕事を進めたんだから、お金を取って当然だとなる。汚職は中国の伝統文化だと言っていいのです。
ーーーーー

当ブログではこれまでも
「国や民族による価値観の違い」に触れてきた。
人は誰でも自分を基準にして物事を見るから
他国・他民族も自国・自民族と同じあるいは似たような価値観を持ち、判断や行動をすると思いがちだ。

それが大きな不幸を生む。

大東亜戦争にしても早い段階で世界に向かって自己主張をきっちりしていれば
あるいは回避できたかもしれない。
我慢に我慢を重ねること、譲ることは、
一歩日本の外に出れば「弱さ」でしかない。

チャイナに対する幻想、誤解を無くし、現実を客観的に判断する上で
本書の内容はとても参考になると思った。

本書では中華人民共和国が
モンゴル、ウイグル、チベットに対してこれまで何をしてきたか、今現在何をしているかについても
分かりやすく述べている。
日本にいる「親中派」あるいはリベラルな方々は、
何故かこれらの問題には一切口をつぐんでいる。

知らないにしても、知っていて見ないふりをしているにしても
それは共感を得られる態度ではない。