トルコがダーイッシュ(=IS=自称イスラム国)を支えているらしい

自称イスラム国(IS、ISIL)は現地ではダーイッシュと呼ばれている。
当ブログでも、今後はダーイッシュの呼称を用いる。


11月24日に、ロシア機が領空侵犯したとしてトルコがこれを撃墜した。
その背景がだんだんと明らかになってきている。

トルコは隣国シリアのアサド政権を潰したい。
そのために反アサド政権側を支援している。
ダーイッシュも反アサドであり、
ダーイッシュの悪行にもかかわらずトルコはこれを陰で支えているらしい。

例えばヨーロッパからダーイッシュに参加するためにやってくる若者は
どこからシリアに入るか?
トルコ経由である。
トルコが国境でシリア入国出国を阻止しようと思えばできるのに、しない。

またダーイッシュの豊富な資金源の一つとして知られる原油の密売だが
誰が買ってどこを経由して出回るのか?
実はトルコのエルドアン大統領の息子が元締めで、トルコ経由で世界各地に出回っている。
ダーイッシュの資金源を守ると同時に、エルドアン政権も金儲けをしているのだ。

有志連合の空爆にもかかわらず、効果が上がらないのは何故か?
本気でダーイッシュを叩いていないからだ。

ロシアが空爆を開始し、原油を運ぶタンクローリーを数百台破壊した。
ロシアは本気の攻撃をしているわけだ。
そのタンクローリーの車列はトルコ国境に向かっていた。
トルコに取っては甚だ不都合な状況だ。
それで事前にNATO(トルコはそのメンバー)に根回しをした上で
ロシア機を撃墜してロシアを牽制した、というわけだ。

ダーイッシュと地上で命がけで戦っているのはクルド人である。
トルコ国内にも多くのクルド人がいる。
現在のシリア・イラクの混乱の結果として
もしもクルド人の国、クルディスタン建国となれば
トルコ国内からも分離独立の動きが出てくる可能性は高い。
エルドアン大統領はそれを恐れていて
2013年には和平合意がなされていたクルド人勢力に対して
ここに来て武力攻撃を始めた。

トルコでの自爆テロ(死者100人以上)やクルド人弁護士暗殺など
ダーイッシュの犯行かもしれないが
むしろエルドアン政権の意向に沿っていると見える。

トルコはイスラム世俗主義国家として欧米と上手く付き合い繁栄してきた。
しかしエルドアン大統領はイスラム原理主義に回帰しつつある。
一方シリアのアサド大統領はバリバリの世俗主義者である。
さらにトルコ国境に近いシリア領内には
トルクメン人(トルコ人と同じ民族)が居住していることから
シリアの混乱に乗じて国境を引きなおし
あわよくば領土を広げられたらいいなという思惑がトルコにあってもおかしくない。

だからといってエルドアン政権がダーイッシュを支援するというのは
中東及び世界の平和安定にとって許されることではないと思う。
現在のトルコとロシアの対立に関しては、明らかにロシアの方が正しい。

トルコは親日国であるが、トルコ国民及び中東地域の人々の幸福を願うなら
日本国は盲目的にエルドアン政権を支持してはいけないと思う。
歴史的に国民同士が親しみを感じていることと
外交において時々の政権を支持するか否かは、別次元の問題である。

第一に考えなくてはいけないことは、
我が国の国益そして世界の安定と平和である。