夫婦同姓は合憲

民放の規定「夫婦同姓」が憲法に違反すると訴えていた裁判で
最高裁が合憲の判断を下した。

「夫婦同姓は違憲」と主張する原告(女性)達の言うことは
どうも説得力が無いなあ、と感じていた。
職業上の利便性というなら、
いまや旧姓使用が広く認められるようになっていて
民法改正をするまでもない。

また「使い慣れた姓を結婚で変えたくない、自分が否定された気がする」
のなら、国の法律をどうこうする前に
結婚相手を説得して、自分の姓を夫婦の姓にするのが先だ。
手を携えて人生を共に歩もうというパートナーさえ説得できないで
社会全体を説得できるはずもない。

やることの順番が間違っていると思う。

さらに結婚すれば、やがて子供が生まれる。
その子供の姓をどうするのかで、また一悶着が生じる。
家族がバラバラの姓というのは、我が国の国柄として馴染まないと思う。

全員一致ではなかったが、
最高裁が「夫婦同姓は合憲」と判断したことに、安堵した。