テロと難民の「そもそも」

今、世界各地でテロが頻発している。

ヨーロッパでは自称イスラム国による
昨年(2015年)11月13日のパリ、今年3月22日のブリュッセルでのテロ。
トルコでは昨年10月10日、12月1日、今年1月12日、2月17日、3月13日、3月19日と続いている。
犯行は自称イスラム国とクルド過激派がそれぞれに実行しているようだ。

テロはアジアにも広がってきている。
インドネシアのジャカルタで今年1月17日に起きたテロの首謀者は
自称イスラム国の東南アジア支部を設立した人物だという。
そして3日前(3月27日)にはパキスタン東部ラホールで70人以上の死者を出す自爆テロがあり
イスラム過激派の「パキスタンのタリバン運動」の一派が
イースター(復活祭)のキリスト教徒を狙ったとする犯行声明を出した。

一方シリア難民が押し寄せるヨーロッパでは
治安の悪化と国内の分断という深刻な状況に陥っている。

何故これほどまでに世界各地にテロが広がったのか?
何故シリアから大量の難民(もはや民族大移動)がヨーロッパに押し寄せているのか?

一言で言うなら、中東各国が混乱し不安定化しているからだ。
シリアだけではない。
イラクもエジプトもリビアもチュニジアも混乱している。

イラクではイラク戦争によってサダム・フセインが2003年に捕らえられ2006年に処刑された。
自称イスラム国はその後の混乱の中で生まれた。

2010年のチュニジアから始まった「アラブの春」では
民主化と称して「独裁政権」が次々と倒された。
実はサダム・フセインもエジプトのムバラクもリビアのカダフィも
イスラム世俗主義者であった。
政教分離を原則とし
イスラムの教えと西洋の進んだ科学や文化とのバランスを取りながら
近代的な国作りを目指していた。
欧米の民主主義者からみれば「独裁者怪しからん!」としても
あの地域を治め国民の生活を安定させる上で最適の政治体制だった。

世俗主義者が排除されれば、その後に座るのはイスラム原理主義者である。
イスラムの教えが全てに優先されるなら、国家を近代化することは出来ない。
国民が豊かになることも覚束ない。

中東の現在の混乱は
サダム・フセインやカダフィやムバラクが
「まともな指導者」であったことを証明している。

では彼らは何故「取り除かれた」のか?
たまたまそうなった?

そうではない。
彼らを取り除き、中東を混乱させたい者達がいると見るのが自然だ。
中東が混乱し、ヨーロッパが混乱し、アジアにもテロが広がっている。

アラブの春に続く各国の内戦では、アメリカが反政府側への武器供与をしていたそうだ。
これは今に始まったことではなく、
アメリカが裏で他国の政権打倒を画策した例は枚挙にいとまがない。

2012年9月にリビアのベンガジでアメリカ領事館が襲撃され、駐リビア大使ら4人が殺害された。
その背景として、2011年にリビアのカダフィ政権を倒した後、
アメリカが反政府勢力側に供与していた武器を
リビアから回収してシリアへと移そうとしたことがある。
駐リビア大使自らがその任務に携わっていたという(馬淵睦夫氏談)からビックリだ。

シリアは最後に「アラブの春」が波及した。
アサド政権が倒れれば、中東の混乱を企てた者達の所期の目的は達成される。
しかしアサドは踏ん張っている。
彼もまたヨーロッパで教育を受けて眼科医をしていた世俗主義者である。

中東イスラム諸国の混乱が収まれば
テロも難民流出も収束に向かうだろう。
具体的にどうすれば、というのは私には分からないけれど
物事の本質を皆が理解すれば、時間は掛かってもその方向へ進めるのではと思う。
少なくともシリアについては、アサド政権を支えるのが正しいように見える。

世界を自分の利益のためにどうこうしようという者達がいること。
その者達は強大な力と富を握っていること。
その者達にとっては国境が邪魔であること。
つまりはグローバリストであること。

それくらいのことは、私にも分かってきた。

自民党の支部大会

第三回 自由民主党長野県第三選挙区支部大会に出席した。

夫が車で送ってくれて
13:30 会場(隣の市のホール)に到着。
14:00 開会

初めに時局講演会として、松本洋平衆院議員が
御嶽山噴火時の現地対策本部長としての経験を話された。
松本議員は当時、内閣府大臣政務官(防災担当)だった。
災害対策基本法における対応スキームや当時の政府の対応など
具体的で、初めて聞くことも多くとても面白かった。

例えば
平成26年9月27日
11:52 御嶽山噴火
12:36 気象庁が噴火警報を発表
13:23 官邸 情報連絡室を設置
14:30 官邸 官邸連絡室へ改組・総理指示
   1.早急に被災状況の把握を行うこと
   2.被災者の救助に総力を挙げると共に、避難誘導等登山者や住民の安全確保に万全を期すこと
   3.火山の観測を強化し、登山者及び住民に対する迅速的確な情報提供を行うこと

と言った具合で、
発災(噴火)から2時間も掛からずに総理から指示が出されて
各部署がしっかりと対応していることが頼もしかった。

14:55からの支部大会は、
国歌斉唱、党歌斉唱、安倍総理の演説(ビデオ)映写と続き、
その後は支部長や来賓の挨拶からがんばろうコールまで
労働組合の年次大会と余り変わらなかった。
大会の一番の目的は7月の参議院選挙で1人区となった長野県で
議席を守るために皆で頑張ろうということだ。

出席者は200人くらいで、ほとんどが男性で年齢層も高かった。
女性の割合はざっと見た感じでは3~5%くらい。
自民党には「金権的」「弱者に冷たい」「古い体質」というイメージがあり
意識の高い女性がアンチ自民党になる傾向は私の周りでも見られる。

ただ、民主党政権の3年間でちっとも生活は楽にならなかったという「実績」のおかげで
「現状では自民党がいちばんマシな政党」
という話に納得してくれる女性も少なくない。

16:00過ぎに閉会して、
迎えに来てくれた夫の車で帰宅した。

「誰かの党」がいいのでは?

民主党と維新の党が合流して新しい党を作るという話。

維新が「新党名は公募しよう」と言い出したときは
「まさか、いくら何でもそんな恥ずかしいことはしないだろう」
と思ったのが、そのまさかになった。

政党とは政治的思想信条目的を同じくするグループであり
党名は、グループが共有する思想信条目的の「核」を象徴するものであるはずだ。
その党名を自分たちで決められないということは
彼らには共有する思想信条目的が実は無いことを意味する。

誕生する我が子の名前を街頭アンケートで付けるような
軽薄さと無責任さ、我が子(=新政党)への愛情や自信の欠如が感じられて
これが仮にも我が国の野党第一党かと、つくづく情けなくなった。

以前「みんなの党」という「みんなって誰よ?」と言いたくなる党名があったが
党名の公募とは、それよりもさらに酷い。
自分の名前すら自分で決められない他人事的な姿を象徴して
「誰かの党」
っていうのはどうでしょう?

それにしても野党のレベルが低くなれば
与党側も危機感が失われてレベルが下がるだろう。
日本の政治の現状が本当に心配だ。