松本駐屯地祭りと熊本大地震


人気ブログランキングに参加しています。
↓ 応援のクリックをお願いします!



陸上自衛隊松本駐屯地のお祭り(創設66周年記念行事)の情報を得たのは2週間ほど前のこと。
4月16日は他の予定も無く、行くのを楽しみにしていた。

今朝8:30、松本のアパートから路線バスを利用して、
シャトルバスの乗り場になる松本駅へと向かった。

DSCN9949s.jpg
松本駅自由通路からの北アルプス方面

8:57 アルプス口に着いてバス乗り場はどこかと見回した時
迷彩服を着た自衛官が一人歩いてきたので声を掛けた。

「すみません、自衛隊に行くシャトルバスってどこから出るんですか?」

立ち止まったその方は
「あ~、今日、中止になったんです。すみません・・・」
手に持ったA3サイズの紙には、中止の案内がプリントされているように見えた。

熊本の地震だ!とピンと来た。

やはりそうで、松本の部隊からも救援に出動することになって
ついさっきお祭りの中止が決まったのだと
申し訳なさそうに説明する彼に
「大変ですね。頑張って下さい。どうかよろしくお願いします。」
と答えて、足早に駅の中へと向かう背中を見送った。

自由通路を通って路線バス乗り場へ向かう途中
改札口で駅員さんと何やら話している彼がいたので
思わず近づいていき
「何かお手伝いできることはありませんか?
いらっしゃる方へのアナウンスとか。」

「いえ、大丈夫です、自分たちでやりますから。
ありがとうございます。」

「そうですね、それでは、どうかよろしくお願いします。」

と、その場を離れながら、
随分と馬鹿なことを言ったものだと冷や汗が出た。
軍が民間人の手を借りるはずが、無いじゃないかぁ~
でもその瞬間は本当に、何か自分にできることはないかと本気で思っていた。


熊本で震度7の激しい地震が起きたのは
4月14日(木)の夜だった。
プライムニュースで櫻井よしこさんやケビン・メアさんの話を聞いていたら
地震の速報が入り、間もなくプライムニュースは打ち切られた。

夫が「明後日の自衛隊のお祭りは大丈夫かな?」と言った。
すぐにネットで地図を調べて
熊本市北部に大きな陸上自衛隊の駐屯地があることが分かった。
被害の範囲は比較的狭いようだし、遠方からの応援が必要になることもないだろうと判断した。

今朝7:00に起きて、テレビをつけ
未明の1時25分にM7.3、震度6強の激しい地震が再び起きたことを知った。
地震の規模は一昨日よりもはるかに大きく
これが本震、一昨日のは前震という。

大変なことになったと思った。
それでも、今からお祭りが中止になるとは思わず
予定通り松本駅まで行ったのだった。

夕方のニュースで、
松本駐屯地から330名の隊員が現地へと向かう映像が流れた。
「ありがとうございます。被災地をどうかよろしくお願いします!」
とテレビの中の車列を見送った。

救助を待つ方々が全員無事に助け出され
一日も早く揺れが収まって
現地が落ち着くことを願っている。