ニースでトラックテロ

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


IMG_3554s.jpg

フランス革命記念日の7月14日、
フランス南部のリゾート地ニースで、無差別テロが発生した。
花火大会見物の人々に大型トラックが突っ込み約2km暴走したのだ。

犯人は一人で、警察官に射殺されたが
80人以上が亡くなり200人以上が重軽傷を負っている。

世界中で罪のない人々が理不尽にも命を奪われている。
国と国の戦争ではない
別の形の戦争に巻き込まれているようだ。

日本人の一般的な感覚では
戦争は勝敗が決まったらそこで武器を置く。
ところが宗教戦争では相手を皆殺しにするまでやる。
かつての西洋の戦争はそうだった。
皆殺しにしないまでも、女子供老人などの非戦闘員を殺すことに何の躊躇もしない。
それが世界の大部分で実際に行われてきたことだ。

テロ事件の分析や対策の中には
こうした極めて基本的な背景を理解していないものが少なくない気がする。
日本人の常識からスタートしている限り
有効な対策など立てられないと思う。


2016.7.15 産経新聞
【仏トラックテロ】
車内からフランスとチュニジアの二重国籍の男の身分証明 死者は77人に
 【ベルリン=宮下日出男】フランス南部ニースで、14日午後11時半(日本時間15日午前6時半)すぎ、大型トラックが革命記念日の休日を楽しむ群衆に突っ込み、リゾート客らを次々とはね飛ばした。運転していた人物はその場で警官隊に射殺されたが、現地メディアによると、これまでに少なくとも77人が死亡、多数が負傷する惨事となった。オランド仏大統領は事件が「テロ」との認識を示し、解除予定だった非常事態宣言を3カ月延長する方針を表明した。
 オランド仏大統領は、滞在先の南部アビニョンから内務省での対策会議のため急遽(きゅうきょ)パリに戻った。15日未明の国民向け演説で、「ニースがテロの舞台となった」と述べ、国民に結束を呼びかけた。
 岸田文雄外相は、この事件に邦人が巻き込まれた可能性について、「現時点では邦人の被害は確認されていない」と語った。
 事件はニース中心部の海岸に近い「プロムナード・デ・ザングレ(英国人の遊歩道)」と呼ばれる観光地で起きた。トラックは猛スピードで群衆に突進し、約2キロにわたり速度を上げて暴走した。
 当時、現場付近では革命記念日の花火大会が開かれ、数千人が集まっていた。現場は悲鳴を上げて逃げ惑う人々で大混乱となった。
 トラックには、銃器や手榴弾(しゅりゅうだん)が積まれていたと伝えられる。また、運転していた人物が、暴走しながら群衆に発砲したとの目撃情報もある。
 犯人像について、外電はトラックの車内からフランスとチュニジアの二重国籍の男の身分証明が見つかったと報じた。
 地元当局者は「重大な犯罪行為」と仏メディアに指摘。居住者らには外出を控えるよう呼びかけた。
 フランスでは昨年11月13日、パリ市内のコンサート会場などで、一般市民が無差別に狙われる同時多発テロが発生し、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出していた。
 仏政府は高度警戒のための非常事態宣言を同時テロから延長してきたが、オランド大統領が14日、現在の期限となる26日で解除する方針を示したばかりだった。
ーーーーー

ところでニースと聞いて一番に思い浮かべるのは
サイクルロードレースの「パリ~ニース」だ。
ヨーロッパでのシーズン幕開けを告げる8日間のステージレースで
例年3月上旬に開催される。
太陽に向かうレースとも呼ばれ
「いよいよ本格的なシーズンが始まった♪」と自転車好きは高揚する。
そんな明るいイメージのニースで悲惨なテロ事件が起きてしまった。
悔しくて残念だ。


亡くなられた方々のご冥福と怪我をされた方々のご回復を
心からお祈りします。