そうか、だから日本は世界で尊敬されているのか!

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


昨日の記事で紹介した、馬淵睦夫氏のカストロ評は
こちらの著書から引用した。

DSCN2355s.jpg
そうか、だから日本は世界で尊敬されているのか!
馬淵睦夫著 ワック文庫 2015年

第1章 なぜ、日本は世界で尊敬されているのか
第2章 世界を救うのは「利他の心」
第3章 困難を乗り越える日本人の知恵
第4章 終戦70周年に向けた国民精神の武装
終章  ウクライナ情勢は「腹黒い世界」の縮図だ

馬淵睦夫氏は元外務官僚で、
キューバやウクライナの大使を務めた後、防衛大学校で教鞭をとった。
外務省出身者とは思えないしっかりした国家観をお持ちで
世界情勢の分析と洞察力は素晴らしい。
私が最も尊敬する言論人のお一人である。
終章のウクライナ情勢の裏側など、
日本のマスメディアからは決して出てこない話で
非常に面白かった。

本書では馬淵氏が世界を回る中で経験したことを元に
日本が世界の国々や人々からどのように見られているかを
様々なエピソードと共に紹介している。
私たちの先人が誠実に努力を重ね我が国を守ってきてくれたことが分かって
胸が熱くなると同時に背筋が伸びる。

この本のまえがきで馬淵氏は次のように述べている。
 「サンフランシスコ条約締結当時の私達は、日本人としての矜持にに満ちていました。いわゆる戦犯として収監されていた方々の釈放を求めて、全国的な運動が起こりました。国会では、戦犯として処刑された方々を公務死として、遺族年金受給に道を開く決議を採択しました。
 このように、日本は一丸となって自衛戦争を戦ったのだという矜持を、当時の国民は共有していたのです。軍事的には敗北しましたが、精神的には決して敗北しなかったのです。この信念が、戦後の荒廃から奇跡の復興を成し遂げたエネルギーでした。
 さて、日本人のこの矜持はその後、どうなったのでしょうか。靖國神社参拝を巡る政治的混乱が、日本人の矜持の崩壊と思想の混乱を何よりも如実に物語っている気がします。私的参拝と言った総理、中国の指導者の立場を慮って参拝を取りやめた総理、公言しながら中国の圧力に屈して八月十三日に繰り上げ参拝した総理、在任中一度も参拝しなかった総理等々、失礼ながら日本の総理大臣の主権意識の欠如に暗澹たる気持ちにならざるを得ません。」
「本書では、私たちの高貴な精神の実例を挙げました。そして、この精神こそ二十一世紀の世界の福音となることを訴えたかったのです。本書は、そのような希望を込めた祈りです。豊かさのなかで、私たちが失いかけている高貴な精神を再発見するためのささやかな誘いです。」

馬淵氏のキーワードは「精神の再武装」である。
そのために精力的に著書を出版されている。
DHCシアターでもこれまでに
「外交虎の穴」「世界を知れば日本が分かる」といった解説番組が作成され
現在は「和の国の明日を作る」という番組が放映中である。

いずれもネット上に動画があるので、
一度ご覧頂けると嬉しい^^

フィデル・カストロ氏 逝去

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


IMG_3717s.jpg

11月26日(現地時間11月25日)
キューバ革命の指導者にして長くキューバを率いた
フィデル・カストロ氏が亡くなられた。
90歳だった。
心から哀悼の意を表します。

キューバのフィデル・カストロ氏死去 「革命」の英雄…国民に動揺も

2000年から2003年までキューバ大使を務めた馬淵睦夫氏は
フィデル・カストロ氏を次の様に評している。
・彼は社会主義者というよりも人道主義者、ヒューマニスト。
・彼の目指すキューバは「人間の限りない欲望を抑制した平等な社会」
・彼の哲学は「ものが溢れる大衆消費社会ではなくて、文化の豊かさが本当に人間を豊かにする。
そのためには教育が重要である」ということ。

馬淵氏によれば、キューバの人達は
「ものが少ないことは不便だけれども、決して不幸ではない」と語り
三年間キューバに暮らして、それが強がりでも何でも無いことが分かったという。

カストロ政権ではカストロ議長はもちろん閣僚達も
寝食を忘れてキューバの国作りのために一丸となって邁進した。
例えば大使公邸でのディナーのあと閣僚達は官邸に戻り、
夜の10時を過ぎてから夜明けまで、
カストロ議長と共に仕事をすることが日常的にされていたという。
社会主義独裁国家では当たり前の「政権の腐敗」も
キューバではほとんど見られなかったそうだ。

フィデル・カストロ氏は大の日本ファンで
2003年には念願を叶えて非公式に広島を訪問され
原爆被害者への追悼をされた。
さらに昭和天皇陛下のご崩御に際して
キューバは国を挙げて喪に服してくれたが
これはキューバの親日的な国民感情の表れといえる。

フィデル・カストロ氏は「革命の闘士」と言われるが
彼にとって革命は目的ではなく手段だった。
彼の目的は「キューバを人間の限りない欲望を抑制した平等な社会にすること」であり
その目的はかなりの部分で達成されていると思う。

彼の目指した社会の対極にあるのが
「米国的価値観」「弱肉強食上等」な社会だ。
なぜ米国が60年間もキューバを敵視し経済制裁を加え続けたのか。
その答えがここにあると思う。

11月27日産経新聞の朝刊に載った「評伝」は酷い代物だった。
・反米主義にのめり込むあまり、カストロはモスクワの対米戦略に祖国を差し出した。
・「赤い植民地」の総督
・大量のキューバ難民という「棄民」を生んだ国内運営の行き詰まり
・カストロの負の遺産はあまりにも重い。
(元ワシントン支局長 山本秀也)

自分達と正反対の価値観によって統治された国に向ける米国の憎悪を
そのまま垂れ流しているような、お粗末な記事である。

大量のキューバ難民とは、初期は米国傀儡のバティスタ政権の元で利権にありついていた人達。
その後は社会主義体制を嫌ってキューバを脱出し米国に亡命した人達だ。
カストロ政権が彼らを棄てたというよりは、彼らが国を捨てたのではないのか。
「よりよい暮らしを求めて元の宗主国を目指す難民」という図式は現在の世界とも共通する。

記事を書いた山本秀也氏は
今のキューバ社会やキューバ国民に直接取材していない印象を受ける。
産経新聞ではロシア報道と並ぶ一方的な偏見記事の一つだと思う。

朝日新聞の取材を受けた

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


DSCN2233s.jpg

11月24日のJ-NSC総会が終わり、Mさんと二人で
「よかったね~楽しかったね~」
と大満足で帰り支度をしていると声を掛けられた。

「朝日新聞ですが、ちょっとお話を聞かせて頂けませんか?」

30歳台の男性で、差し出された名刺には社会部記者とある。
一瞬Mさんと顔を見合わせてから、「いいですよ」と取材を受けた。
スタンディングオベーションでお見送りをしたので
熱心な支持者だと思われたようだ(汗)。

青山さんのどんな所がいいのか?
いつどんな切っ掛けで青山さんを知ったのか?
等々。

まずしっかりとした国家観をお持ちであること。
独自のソースから得た最新の情報を提供してくれること。
またそれらの情報を客観的に分析し
ニュースには尻尾があり、様々な話は繋がっているという
説得力のある解説をしてくれること。

青山さんを知った切っ掛けはネット検索によって水曜アンカーを見つけたことで
関西テレビが見られる地域ではなかったので
ネット上にアップされるのを待って毎週欠かさず見ていた話をした。

ここでMさんが逆質問。 ←さすが!
「どういう目的での取材ですか?」

48万票を獲得した理由とかネットの影響などを分析した記事を考えていて
青山さんを支持している人の生の声を聞きたかったとのことだった。

Mさんも青山さんに対する思いや切っ掛けを話し
さらに政治に興味を持っていることなども話した。
20分くらいの取材の最後に
「お名前を聞かせて頂くことはできませんか?」
誰に知られても困ることではないので名刺を渡した。

終始紳士的で好感が持てたので
「朝日も反日一色ではないと思っていますよ。」と言ったら
ちょっとびっくりされた様子で
「そんな風におっしゃって頂いて嬉しいです。
どこでも結構厳しいことばかり言われてますから。
築地でいつも反日プロパガンダの相談しているとか、そういうことは全然ないんですよ。」
と笑顔で言っていました。

「心ある方々もいらっしゃるでしょう?
検証すべきは検証して正すべきは正して、きちんと謝ったらいいんです。
本多勝一さんなんて、今となれば、ほんっとにひどいでしょう?
きちんとけじめを付ければ日本人は水に流してくれますよ、きっと。
そうして本当の意味でのクオリティペーパーを目指してほしいです。」

と最後は説教+激励をした私である^^;;

さて、果たして記事になるのだろうか?
我が家は朝日新聞を取っていないので確認はMさんにお願いした。

J-NSC総会(11月24日)

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


DSCN2338s.jpg

一昨日の自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC)の総会に出席した。
JーNSCには2012年秋に安倍総裁が誕生して間もなく入会した。
月に1~4回メールで情報が配信されるだけで
特段の義務も無いし活動ものんびりとしたものだ。

今までメールに目を通すだけの会員だったのだが
10月28日に配信された総会の通知に
「今年は、夏の参議院選挙で当選した青山繁晴参議院議員を講師として「講演会」を予定しています。」
とあり、初めて総会に出席することを即断した。
非会員でも同行できるというので
政治友達のMさんに声を掛けたら「是非!」とのお返事。
Mさんは7月の参院選で街頭演説を聴いて以来
すっかり青山さんファンになっている。

14:38発のあさまに乗車。
16:45に自民党本部前に到着して列(5人目)に並ぶ。
17:00過ぎに受け付け開始。

DSCN2328s.jpg
会場は8階のホール

DSCN2330s.jpg
ここは総裁選や党大会の開場にもなるそうで、何だかワクワクする。

最前列中央の座席を確保してMさんにメール。
17:09 最前列ゲット!
17:21 すごーーい!

17:35 Mさんが到着して
18:00 開会
18:25 いよいよ青山さんの講演が始まる。

DSCN2341s.jpg
今日の演題。総会の模様はニコ生でライブ中継される。

舞台の前ぎりぎりに立って話し始める青山さん。
きっといつものように下に降りるだろうと予想したら・・・

DSCN2346s.jpg
やっぱり! ぴょんと飛び降りた。

青山さん、私の目の前にも立って話をされた。
靴のつま先が私のつま先と当たるほどの至近距離で
私の目を見て話されるので
「絶対にこちらからは目をそらさないぞっ」と気合いを入れて
見つめ返しながら話を聞いた♪

青山さんが積極的に自民党の部会に出て発言していることは聞いているが
その準備のために、
4時に起きてアメリカ等の知人から情報を得たり確認したりするのだそうだ。
朝4時はアメリカでは午後2時で電話で話がしやすい時間帯だ。
しっかり時間を掛けて準備して、7時過ぎに家を出て8時からの部会に出る。
ちなみに寝るのは大体3時、つまり睡眠時間は1時間・・・。
凄すぎて尊敬を通り越して言葉ではうまく表せない。

部会に出る議員は少なくて、
特に「票にならない」外交安全保障関係などでは本当に出席者が少ない。
その少ない出席者の方々はいつも同じメンバーで
大事な問題に熱心に取り組んでいるのに選挙で苦労している。
一方で5年間部会にも出ず勉強もせず遊んでいて
6年目に党の実力者に土下座して「次も公認で」と泣きつくような議員が実際にいる。

「だからここにいる全員、次の選挙には立候補すること!しかも自民党から!!」
と青山さんが檄を飛ばしたとき、ドキっとした。
私も諦めないで努力を続けなくては。

DSCN2350s.jpg

メキシコの中学校での当番交代式の話、
アメリカが壊れ始め、戦後71年続いた世界の秩序が壊れ始めていること、
この今の世界での日本の責任について
生で聞くと改めて深く心に染みた。

予定の19:30を10分ほどオーバーして講演終了。
今後各地でのJ-NSCオフ会でも青山さんの講演会を企画するようなことを
司会の高橋ひなこ議員がおっしゃったのは嬉しいことだ。

退場する青山さんをMさんと二人して
スタンディングオベーションでお見送りした。

Mさんの提案で、地下鉄永田町駅構内のお店で
晩ご飯を食べながらの反省会。
青山さんのことは勿論、
トランプ次期大統領とか北方領土とか原発再稼働とか
色々と話ができて楽しく有意義な時間を過ごした。

有楽町線で有楽町駅まで。
Mさんと別れて21:40東京駅着。
10:06 最終のあさまで、日付が変わるころに無事帰宅。

積雪15㎝

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


DSCN2304s.jpg
9:45撮影

この秋一番の寒気が流れ込んで明け方から雪が降り出した。
湿った牡丹雪がどんどん積もっていく。

11:00前に雪が止み、道路の雪かきと車の雪落としをした。
道路の積雪は5㎝くらいだったが車には15㎝ほど積もっていた。
11月としては大雪だ。

東京では去年より49日早く、1962年以来54年ぶりの11月の初雪だとか。
54年前は三八(さんぱち)豪雪(昭和38年1月豪雪)の冬で
山間部では多くの集落が孤立した。
最深積雪量の観測史上最高値が
北陸から九州にかけての各地で記録されている。

その冬は三陸から房総の沿岸で異常冷水現象(親潮の異常南下)が発生して
漁業に大きな被害をもたらした。
これを契機に翌年から水産庁の漁海況予報事業が始まったのだと
就職して間もなく聞かされたことを今でも思い出す。