霞ケ関CCは女性差別か?

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


>DSCN3039s.jpg

2020年東京オリンピックのゴルフ会場に予定されている霞ヶ関カンツリ-倶楽部は
規約で正会員を男子に限っている。
これに国際オリンピック委員会(IOC)がクレームを付けた。
女性を差別していて怪しからんということらしい。
それを受けて大会組織委員会が女性の正会員を認めるよう
霞ヶ関CCに対して要請した。

この話の気持ち悪い点は
2年前に会場に決まったときには何も言わず今頃になってクレームを付けてきたこと。
そもそも霞ヶ関CCから売り込んだ訳ではなく
「使わして欲しい」と頼まれたから受け入れたのだという。
従って霞ヶ関CCとしては迷惑な話で、困惑している。

それはそうだろうと、同情を禁じ得ない。

IOCのクレームは「ポリティカル・コレクトネス」であり
自分達が絶対正義と信じて疑わない欧米白人社会のやり方だから、
そのことをどうこう言っても仕方がない。

我が方がどのように対応するかが重要だという立場で
私の考えを述べる。

男女なんでも同じにするのが男女平等だと思ったら大間違いだ。
身近な例ではカーブス。
ここは女性限定で、男性は会員になれないし立ち入り禁止だ。
これは男性差別か?
いや、女性限定にすることによって
会員である女性に気楽さとか安心感という大きなメリットがあり
それが経営上の戦略になっている。

霞ヶ関CCも同様で
自分達のクラブのやり方を堂々と貫けばいい。
時期的に規約の変更を考えようというならそれも自由だ。

ただ
「オリンピックをやらせてやるんだから言うとおりにしろ」
と言わんばかりの高飛車な雰囲気が
「改善を求められた」という言葉から感じられる。
改善とは「悪いことを改めて善くしろ」ってことだ。
まるで悪いことをしているかのような言われ方をされて、
霞ヶ関CCとしてはさぞ不愉快だろう。

もしも規約改正の必要性も意義も感じないのであれば
この際、きっぱりと会場を返上するのがいいと思う。
オリンピックごときに阿るようでは
品性が疑われ90年間の伝統が泣くというものだ。

頑張れ、霞ヶ関カンツリー倶楽部!

2017.2.3 21:33
【東京五輪】
女性正会員受け入れ、組織委などが正式要請 ゴルフ会場の霞ケ関CC
 2020年東京五輪ゴルフ会場の霞ケ関カンツリー倶楽部(霞ケ関CC、埼玉県川越市)が女性正会員を認めていない問題で、大会組織委員会と日本オリンピック委員会(JOC)、日本ゴルフ協会(JGA)の代表者が3日、東京都内で霞ケ関CC側と会談し、女性正会員を認めるよう正式に要請した。組織委によると、同CCの木村希一理事長は「会員の意見を十分に聞いて、取りまとめに向けて努力したい」と応じた。
 木村理事長は改正には原則として理事会の全会一致が必要とした上で、「重要な事柄なので総会にも諮らなければいけない」との認識を示したという。組織委などは国際オリンピック委員会(IOC)から改善を求められたことを受け、2日に霞ケ関CCに要請文書を提出していた。
 霞ケ関CCは7日にも理事会を開いて対応を協議するとみられるが、組織委の布村幸彦副事務総長は「(要請を)前向きに受け止め、対応していただくことを期待している。必要があれば説明に出向きたい」と述べた。
ーーーーー

2017.2.4 13:00
【東京五輪】
女性正会員を認めない霞ケ関CCとはこんなクラブだ! 90年近い歴史 「社交場だ」 突然の要請に名門会員困惑
 女性の正会員を認めていないことを大会組織委から改善するよう要請された霞ケ関CC。90年近い歴史を持つ名門クラブの会員からは「なぜ今ごろ」との声が上がった。
 「ルールでは正会員は男性のみだが、運用上は女性を締め出しているわけではない」。今回の騒動を受け困惑気味にこう説明するのは、入会数十年になる同CCの正会員の男性だ。クラブ運営に携わる委員会には複数の女性が加わっているといい、「みな東京五輪を楽しみにしていたのに、迷惑をかけるなら辞退も仕方ないかもしれない」と話す。
 同CCによると、クラブは昭和4年に創設。当時は男性しかプレーしなかったことから、定款の細則で正会員は男性と定めた。その後は正会員の妻を「家族会員」にしたり、日曜日以外の利用が可能な「週日会員」で女性を受け入れたりすることで女性もプレー可能になった。細則の改正は「特に希望がなく、必要性を感じていなかった」(同CC)ため行っていない。
 女性が完全にプレーできないのは正会員限定の大会が行われる年間30日程度の日曜、祝日だけ。週日会員の女性は「女性であることで不利益を被ったことはない」とした上で、「霞ケ関CCはゴルフ場というよりはメンバーのための社交場。だれでも入れる場所ではないというクラブの伝統を軽んじてはいけない」と強調する。
 同CCの資料などによると、正会員は約1300人で週日会員は約420人。女性の会員は約200人いるという。最初に正会員の推薦を受け、理事全員から承認された後、入会金800万円を支払って週日会員となることができる。数年後に正会員を希望する場合は再び推薦や承認を受ける必要があり、正会員になるとさらに400万円を支払う。年会費も12万円から15万円に上昇するという。
 「資金や社会的地位があれば入れるものでもない。価値観が共有できるかが最も大切だ」と男性正会員。一方、同CCの関係者は、世界の名門コースが次々と女性会員を受け入れる流れがある現状を踏まえ、「女性を正会員に入れる時代も来るのでは」と話した。
ーーーーー