安倍総理が改憲案を示す

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


DSCN3915s.jpg

安倍総理が改憲について明言した。

2017.5.3 産経web
【憲法施行70年】
安倍晋三首相が改憲に意欲 憲法9条に自衛隊を明記 2020年の施行目指す 高等教育の無償化も掲げ
 安倍晋三首相は3日、改憲派が都内で開いた集会にビデオメッセージを寄せ、9条に自衛隊の存在を明記した条文を追加した憲法改正を行い、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020(平成32)年を「新しい憲法が施行される年にしたい」と明言した。首相が9条の具体的な改正と施行時期に言及したのは初めて。首相の強い意欲表明を受け、今後国会の改憲議論が活発化するとみられる。
 首相は自民党総裁としてのメッセージだと断った上で、「『自衛隊は違憲かもしれないけれども、何かあれば命を張って守ってくれ』というのは、あまりにも無責任だ」と主張。「私たちの世代のうちに自衛隊の存在を憲法上にしっかりと位置付け、『自衛隊が違憲かもしれない』などの議論が生まれる余地をなくすべきだ」と訴えた。
 その上で「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方は国民的な議論に値するだろう」と呼びかけた。
 9条は「戦争の放棄」をうたい、1項で国権の発動による戦争と、武力による威嚇、行使について「国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」とし、2項で陸海空軍などの戦力の不保持と交戦権の否認を記している。連合国軍総司令部(GHQ)の占領下だった昭和22年施行の憲法は、その後に発足した自衛隊の存在を想定していなかった
 首相はメッセージで、自衛隊の活動に対する国民の信頼が高いことも紹介した。こうした自衛隊の実態と最高法規である憲法の矛盾を解消するため、平和主義の理念を堅持した上で、自衛隊の存在を明文化することが適切だとの認識を示した
 また、日本維新の会が主張する憲法改正による教育無償化に関し、「高等教育についてもすべての国民に真に開かれたものとしなければならない」と述べ、実現に意欲を表明した。
 首相は「憲法改正の発議案を国民に提示するため、具体的な議論を始めなければならない」とし、平成32年までの改憲実現に向けた衆参両院の憲法審査会の議論促進を訴えた。
-----

安倍総理は昔から憲法改正を目指す姿勢を明確にしていた。
その道筋として、まず96条(憲法改正のハードルを下げること)とか
緊急事態条項の新設など
憲法を変えることに国民を慣れさせてから
日本国憲法最大の問題点である九条(及び前文)に進むという姿勢だった。

今回初めて、明確に九条改正に切り込んだことは、非常に大きな転換だ。

この姿勢の転換の背景には安倍総理の危機感があると思う。
国際情勢が流動化し東アジア情勢が緊迫して
日本国が国民の命や財産に甚大な被害を被ることを防ぐ上で
もはや一刻の猶予もならないという安倍総理の危機感を
日本国民の一人一人が共有する必要があると思う。

その上で安倍総理の提案について。
「9条1項、2項を残しつつ」という点には賛成できない。

改めて日本国憲法第九条は以下のような条文である。
-----
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
-----

解釈はまず置いておいて、
素直に日本語としてこの条文を読んで、状況を考えてみる。
チャイナや北朝鮮のような
武力による威嚇や武力の行使をいとわない国が現実に目の前に存在する。
そうした国との紛争が生じたとき
我が国だけが武力を用いることは出来ないことになる。
2項ではいかなる戦力も持ってはならず、戦ってはいけないというのだ。

やられるまま抵抗せずに滅亡しろ。

日本語を素直に文字通りに読めばそういうことだ。

それでは困るからこの70年間様々な「解釈」で切り抜けてきた。
例えば自衛権は国際的に認められている、とか
戦力とは攻撃力のことだ、とか。

しかしそんな奇妙な解釈をしなくて済むように
九条を改正するべきだと思う。

例えば

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれに反対する。
2.前項の目的を達するため、他国の武力による威嚇や武力行使を防ぐための抑止力として戦力を保持し、これを国防軍とする。

差し当たっては九条2項の削除だけでもいいが
自衛隊の存在を明確にするためには上記の案が考えられる。

自民党の改憲案においても2項の削除が提案されている。
それを脇に置いて3項を付け加えるという安倍総理案は
公明党の唱える「加憲」に配慮した結果だろう。
2項を無力化するための実現可能な案として
決してベストではないがベターではある。

ここからベストへと近づけて行くのは、私達一人一人の日本国民だ。

70年間も九条を変えられずにきた最大の原因は
WGIPの洗脳によって
「日本は悪い国で侵略戦争をして世界中に迷惑を掛けた。
武器を持てばまた同じように侵略戦争をするに違いない。」
と思い込まされて
今なお半数以上の国民が事実に気付いていないからだ。

日清戦争、日露戦争、大東亜戦争はいずれも
侵略戦争ではなく、ほとんど自衛のための戦争だった。
我が国の一部と中朝韓だけが「侵略戦争だった」と主張しているが
歴史的には自衛の戦争だったとの評価は確定している。
ダグラス・マッカーサーさえも米議会でそう証言しているのだ。

残念ながら多くの日本人がそのことを知らない。
学校でも一切教えないし主要メディアも伝えない。

ならば気付いた一人一人が周囲に伝えること。
できることを出来る範囲で頑張ること。

決して諦めず、ベストを目指して改憲の議論を広げていこう!