老害がわらわらと

憲法審査会のグダグダに勢いを得て
安全保障関連法案に反対する勢力の動きが活発になっている。

6月9日には、河野・村山売国コンビが日本記者クラブで対談し
いつものように嘘と思い込みに基づいた恥知らずな発言で、安倍政権批判をした。

村山、河野両氏が対談 互いの談話たたえ合う 反省示さず
 村山富市元首相と河野洋平元官房長官が9日、東京都千代田区の日本記者クラブで対談した。対談で両氏は、日本の「植民地支配と侵略」を謝罪した「村山談話」(平成7年)と、証拠資料も信頼に足る証言もないまま慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」(5年)について互いにたたえ合った。さらに「河野談話発表後、日韓関係は前進していたのに現政権が寝た子(韓国)を起こした」(村山氏)などと安倍晋三首相を批判した。
 約300人の報道陣が詰めかけた会場には、中韓の主要メディアの姿もあった。村山談話について、河野氏は「村山氏のリーダーシップで作られた、バランスのとれた立派な談話だ」と持ち上げた。
 これを受け、村山氏も「(慰安婦の)事実を明らかにし、韓国に謝罪したのは河野談話が初めて。日韓和解の起点を作った歴史的な文書だ」と絶賛。河野談話については昨年6月の政府の検証報告書で信頼に足る証言がないことが明らかになっているが、村山氏は「調査には限界がある。問題にする必要はない」とかばった。
 村山氏はまた「安倍晋三政権が河野談話を見直さなければこんな問題にならずに済んだ。なぜ蒸し返すのか不思議でならない」と主張し、河野氏は「日韓関係は非常にスムーズに進んでいたのに、ここ数年で残念な状況になった」と述べた。
 両氏は互いの業績をほめ合ったが、村山、河野両談話が出た後も、中韓は歴史問題を提起し続けているのが実態だ。一方、両氏は韓国の李明博(イ・ミョンバク)前大統領による竹島(島根県隠岐の島町)上陸や、中国の海洋における膨張政策などの日韓、日中関係悪化の要因には何も言及しなかった。
 両氏はまた、安倍首相が今夏に発表する戦後70年談話にも言及。村山氏は「村山談話を継承すると談話の中に明記し、国際社会の誤解を解消することが大事だ」と強調した。
 河野氏の矛先は慰安婦問題に関する報道にも向けられた。
 「ジャーナリストの仕事は真実を追究することだ。細かい点をもって事実を認めなかったり、『他国もやっていた』という言い方をしたりすることが、どれだけ日本の名誉を傷つけているか。私は怒っている」
 だが、河野談話発表時の記者会見で、談話の趣旨も政府調査の結果も踏み越えて強制連行を認める発言をした自身への反省は示さなかった。 (田中一世)
ーーーーー
このタイミングで、ということは
チャイナからの指令が下ったのだろう(嘲笑)。
紅の傭兵(こうのようへい)とはよく言ったものだ。

さらに、6月12日には、山崎・亀井・藤井・武村のお花畑長老カルテットが記者会見して
安全保障関連法案に反対の姿勢を表明した。

産経新聞6月12日 配信
山崎拓、亀井静香ら4長老が反対表明 「大きな禍根を残す」

新聞紙面には6月13日朝刊に次の記事が掲載された。(産経新聞のwebには見当たらず)
山崎拓氏、亀井氏らが安保法制反対で会見
産経新聞 6月13日(土)7時55分配信

 ■菅長官「審議に影響ない」/谷垣氏「それぐらい元気でいたい」

 山崎拓元自民党副総裁(78)と亀井静香元金融担当相(78)、藤井裕久元財務相(82)、武村正義元官房長官(80)の4人が12日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見し、安倍晋三政権が進める集団的自衛権の行使容認を含む安全保障法制の整備について、「国民は納得しておらず、大きな禍根を残す」と反対をアピールした。
 当初出席予定だった古賀誠元自民党幹事長は欠席した。
 山崎氏は安保法制の整備で自衛隊の他国軍への後方支援が随時可能になることを引き合いに、「自衛隊が地球の裏側まで行って活動するのは、明らかに憲法違反だ」と主張。「自衛隊が血を流し、相手方も血を流させることになるのは間違いなく、必要のない法改正だ」とも指摘した。
 亀井氏は、「自衛隊員のリスクが高まる」との懸念が広がっていることに対し、「そんな生やさしいものではない。戦闘行為をやって戦死者が出るのは当たり前だ」と持論を展開。「こういう基本的な問題については、国民の意思を問うべきだ」と今国会で安保関連法案の成立を目指す安倍政権の方針を批判した。
 藤井氏は日米同盟の強化につながる集団的自衛権の行使容認について、「世界の警察官をできなくなった米国が日本に肩代わりを求めている」との見方を表明。武村氏は「日本は専守防衛を貫いたから世界から信頼を得たが、このままでは外国の戦争に巻き込まれる」との懸念を示した。
 4氏とも舌鋒(ぜっぽう)鋭く安倍政権への批判を繰り返したが、現職の国会議員は亀井氏のみ。菅義偉官房長官は12日の記者会見で「(国会議員)バッジを外され、それぞれ個人の意見表明だ」と突き放し、国会審議には「全く影響ない」と述べた。自民党の谷垣禎一幹事長も同日の記者会見で「私もOBになったら(政権を批判するくらい)元気でいたい」と皮肉った。

会見の詳細は以下のリンク先にある。
反対4長老の会見詳報(1)亀井静香氏「ジジイだからといってこういう危機に黙っておるわけにはいかん!」
反対4長老の会見詳報(2完)山崎拓氏「自民党はヒラメ状態で上を見てる」

全文を転載する価値もないので,要点だけをまとめる。
山崎:不戦国家から軍事力行使国家への大転換を意味する
亀井:こういう基本的な問題については国民の意思を問うことが当たり前
藤井:中国の肥大化には対立的軍事同盟ではなく国連で対応すべき
武村:安保政策の進め方に一貫性なく荒々しい 憲法改正すればいい

いずれも、急激に厳しくなっている世界の安全保障環境に目をつぶった、夢想的な見解だ。
事は急を要するのだ。
昨年夏に閣議決定して、12月に総選挙で国民の信を問うて自民が圧勝したのを
亀井氏はもう忘れちゃったのか(呆)?
藤井氏はチャイナの公船が毎日のように尖閣周辺海域を脅かしていることや
チャイナが公然と沖縄の独立を支援せよ等と煽っているのに
「中国を仮想敵国視するのは言語道断」で「国連の枠組みがあるじゃないか」と主張する。
お花畑どころではない。
無能なのかチャイナの工作員なのか?
おそらくはその両方だ(怒)。
彼らもまた、チャイナの指令によって「速やかに」動いたのだろう(見え見え)。

この件に関しては、管官房長官が間髪入れずにビシッと言ってくれたので、いくらか気分が晴れた。
4長老反対会見に菅長官「全く影響ない」「すでにバッジ外してる」

そういえばこういう場面では常連の野中氏とか古賀氏はどうしたのかな?
「当初出席予定だった古賀誠元自民党幹事長は欠席した」とあるが。
と思ったら
同じ12日に古賀氏は墓参りに行っていた。

古賀誠氏、大平元首相の墓前で政権批判 「保守本流の正念場。平和こそ最大の責務」
 自民党岸田派(宏池会)名誉会長の古賀誠元幹事長は12日、同派所属の若手衆院議員ら7人と東京都府中市の多磨霊園を訪れ、宏池会中興の祖の大平正芳元首相の墓参りを行った。この日は大平氏の命日で、今年で没後35年を迎える。
 古賀氏は大平氏の墓前で「保守本流の正念場を迎えている。大平先生のご遺志を継げる宏池会、国会議員一人一人であってほしい」と若手議員らを激励。墓参後、記者団に「大きな転換期。平和こそ国政に携わる人の最大の責務だ」と述べ、今国会で審議中の安全保障関連法案を批判した。
ーーーーー

いよいよ「宏池会」が出てきたぁ~!
青山さんの話していた「安倍下ろし」に向けて、墓前で結束を固めようっていうことか。
老害記者会見に加わって目立つより、その方がいいと考えたのだろうね。


それにしても、老害連中がわらわらと涌いてきて、うるさくて不快でたまらない。
あの新兵器
DSCN6990s.jpg

の発展形で、こんなのを作ってくれたら最高なんだけどな~

DSCN6997s.jpg
老害虫 毒針毛固着剤

DSCN6992s.jpg
■使用法■
1.使用前に容器を十分に振る。
2.群生する老害虫に対して、約20~30cmの距離から十分に噴射する。
3.噴射すると、固着剤により害虫は徐々に動けなくなり死にます。その後、適当な袋に入れて捨てる。

キンチョーさん、是非よろしく!  どうぞ。

コメント

非公開コメント