洗脳という言葉

6月13日の記事で引用した中に「朝鮮戦争時に洗脳という言葉が生まれた」とあった。

ウィキによると
洗脳(せんのう、英: brainwashing)は、ある人の思想や主義を、根本的に変えさせること。
日本語の「洗脳」は英語の「brainwashing」の直訳であり、英語の「brainwashing」は中国語の「洗脑/洗腦」の直訳である。

語源[編集]
朝鮮戦争時の捕虜米兵に対して共産主義を信じることをせまった行為を中国共産党が洗脳と呼んでいたのを訳してbrainwashingと名付けられた。当時米兵が次々と共産主義者であることを宣言し、関係者に衝撃を与えた。

中国共産党及び軍の洗脳は、
外部隔離
尋問
処罰・暴力
巧妙な賞罰
徹底教化
罪の意識を植え付ける行為
自己批判
などの手段で行い、薬物使用の例もあるとしている。
ーーーーー

もともとがチャイニーズの言葉だということに、納得。
チャイナといえばプロパガンダが国技であり、心理戦に長けていることを
私達は常に十分に警戒しなくてはいけないと思う。

コメント

非公開コメント