言葉足らずと揚げ足取り

磯崎首相補佐官の平和安全法制に関する発言の問題。

「法的安定性は関係ない」

言いたいことは
「我が国の安全保障のレベルを上げることが最優先であり
必ずしも法的安定性を最優先で考えることはない。」
ということだろう。

しかし言葉の選び方が雑で、曲解されても仕方がない。
野党とマスコミに餌を投げ与えたようなものである。
先日の記事にも書いた深谷塾長の言われたように
「マスコミの言葉の魔術」
があるのだから。

ところが今回、実に驚いたことがあった。
8月2日の報道ステーションSUNDAYで
女性キャスターが磯崎発言を
「法的安定性は必要ない」と紹介したのだ。
「関係ない」と「必要ない」では全く異なる。
これは明らかに事実と異なる報道で、魔術でも何でもない。

女性キャスターが曲解した挙げ句「必要ない」と刷り込まれちゃったのかもしれないし
意図的に必要ないと言い換えたのかもしれない。
どちらであっても報道において、決してあってはならないこと。

言ってもいないことを言ったとして国会質問をする民主党辻本議員に対して
安倍総理が強く抗議した場面は記憶に新しい。

マスゴミと民主党の親和性・類似性がここにも表れているなぁと思った。

与党議員はしっかりと「曲解の余地がない」言葉遣いをすべきだし
それが出来ないなら、今は口をつぐんでいることが責務である。
嘆かわしいことだが・・・。

コメント

非公開コメント