ゴミとカスが一緒になっても

民主党と維新の党が合流して新党を結成するらしい。

民主党の中にも比較的物事が分かっている政治家もいるが
海江田体制から岡田体制に至る数年間、その人達の存在が見えていない。
彼ら「民主党の良心派」はこの際、袂を分かった方が良いと思う。

現在の維新の党は、民主党から出て、
橋下・松井氏が創った維新の党を乗っ取り、
その際政党助成金の国庫返納を拒否し続けた
私に言わせれば「カス」である。

民主党は、政権担当時の無能ぶりや、
現国会での週刊誌のみを情報源とした低次元な質疑など
我が国の利益にならない、ほとんど「ゴミ」みたいなものである。

ゴミとカスが一緒になっても役に立つわけもない。
いずれまとめてゴミ箱行きになる運命だと思う。

別のたとえ話をすると
腐ったミカンと腐ったリンゴを新しいフルーツ箱に入れ替えても
美味しい食べられるようなフルーツになるはずがない。

ミカン箱の中でもまだ腐っていないミカン達は
腐ったミカン達が新しいフルーツ箱に移るチャンスをとらえて
別の新しいカゴなり箱を作った方が良いと思う。

まあ、それができないからここまでグダグダやっているのだろうが
我が国の政治、ひいては国益のために
「民主党の良心派」の行動に、ほんのちょっぴり、極々少しだけ、期待している。

コメント

非公開コメント