都知事候補 私の予(妄)想

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!



IMG_3433s.jpg

すったもんだの挙げ句、遂に桝添都知事が辞任することになったようだ。

何故かメディアではほとんど取り上げられなかったが、
桝添問題の中で一番深刻なのは
都有地の韓国人学校への提供だと思う。
「敷地が手狭」と言いながら、
実際には韓国人学校は近年定員割れが続いていることが明らかになった。
新宿区のその場所は保育所に使いたいという区の要望があったのを
拒絶していたことも分かった。

その上、問題の都有地は市ヶ谷の防衛省から500メートルの位置にある。
何かと我が国を敵視する韓国に使わせることは
安全保障上適切とは思えない。

前回の都知事選の時から桝添氏の人格に問題有りと知っていたから
自民党が推薦して都知事にしたことには大いに不満だった。
今回辞任することになって、本当によかった。

さて、それでは今回の都知事選で自民党は誰を担ぐのだろうか?
妄想混じりに私の予想を思い切って書く。

青山繁晴氏

実は青山さんのブログに
「一週間ほど思い悩んでいることがあり
6月14日の昼までに結論を出さなければならない。」
「遠くない時期に明らかにできると思う。」
というエントリーが6月13日に上がっていた。

私は会員ではないので具体的な話は何も聞いていないが
「6月14日の昼まで」という部分から都知事選が頭に浮かんだ。

元々青山さんは
「桝添さんが東京オリンピックを日中韓の三カ国共催でやりたがっている。」
と危惧していたし
今回桝添問題が表面化した初期には
「桝添さんはお辞めになるべきだが辞めないだろう。
都議選になるのが怖くて不信任決議案の提出もされないだろう。
あとはリコールしかない。」
と一刀両断の厳しい批判をされていた。

安倍総理が青山さんに話を持ちかけることは十分想像できる。
首都東京を青山さんがガッチリ把握してくれたらどれほど心強いことか。
ただし自民党内もそれから公明党も簡単に了解するとは思えない。

青山さんには政治家になるより、
質量ともに群を抜く情報発信者として活躍して欲しいと思っていたが
1000万人の首都東京のリーダーとなれば話は違ってくる。
一国会議員よりもはるかに多くの仕事ができるだろう。

青山さんがお決めになることではあるが
もしも私の妄想が現実になったら楽しいぞ~

予想が外れても罰ゲームは無しで^^;;;

コメント

非公開コメント