青山繁晴さんの街頭演説の動画

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


IMG_3514s.jpg

自民党公認の比例代表候補者には
自民党から団体票が割り振られるのだが
青山さんはそれを断っている。

「団体の支援で国会議員になったら、
その団体のために仕事をせざるを得ない。
そもそも国会議員とは国のため国民全体のために働くべきだ。
自分が当選したいがために筋の通らないことはやらない。」
というのが、その理由だ。

7月1日に自民党の担当者から
このままでは当選は難しいと言われたとのこと。
他の事情もあって、まとめると次のような状況だ。

★青山さん落選の危機 その理由
1)自民党曰く「団体支援を受けてないので勝てない」
2)文春を刑事・民事告発することになりスタッフ不足
3)そもそも立候補していることを有権者が知らない

ぼやきくっくりさんさんが
青山さんの選挙演説の動画をまとめてくれている。
まだ聴いていない方には是非聴いて欲しいし
周囲にも広めて欲しい。

昨夜子供達に電話を掛けた。
「選挙のことだけど、比例代表は誰にするか、もう決めた?」
3人ともまだ決めていないというので
青山さんを是非、と頼んだ。
「無理のない範囲で周囲にも呼びかけてね」と付け加えて。

今日はご近所の自民党支持者のお宅に伺った。
夫が親しいお宅なので同行してもらい
青山さんのことをお願いしてみた。
すると「上の方から比例代表はこの人に」と指示が来ているとのことだった。

「上の方」が党本部か県連か支部かは定かでない。
ただ比例代表は「自民党であれば誰でもいい」と言われているのだろう
と思っていたので意外だった。

青山さんのブログにはたくさんのコメントが寄せられていて
特に海外に住んでいる日本人の方達からのコメントには胸に迫るものがある。
領事館まで片道4時間掛けて車を飛ばし投票した、とか
30年間海外に住んで、初めて投票したとか。
娘は日本語は苦手だけれど、何度も「青山繁晴」と書く練習をしたとか。

国内からも
選挙がこんなに面白くてワクワクするのは初めてだとか
選挙権を得てから初めてこの人に当選して欲しいと心から思ったとか
一つ一つのコメントから
自分の頭で考えて自分で決めて投票するという
当たり前のことが広がりつつあることを感じる。

できることを頑張ろう!

コメント

非公開コメント