アメリカの干ばつ

アメリカ合衆国ではひどい干ばつで、農作物に深刻な被害が出ている。

過去56年で最悪の干ばつに=米
米海洋大気局(NOAA)は16日、米国は6月、過去56年間で最も広範囲にわたって干ばつに見舞われたと発表した。
 それによると、6月は中西部を中心に米本土の約55%が干ばつに見舞われた。58%を記録した1956年以降では最悪の数字だという。(2012/07/17-14:26)

我が国は多くの食料を輸入に頼っている。
2011年度の食糧自給率は
カロリーベースで39%、金額ベースで69%となっている。

海外食料需給レポート2011の第2章 世界の農産物貿易構造の変化
からいくつかの図を引用して考えてみよう。


主要品目別の我が国の供給量に占める輸入量の割合(2009年度)
120724a.jpg
資料:農林水産省「食糧需給表」

この図から、コメ以外の主要穀物は90%以上が輸入に頼っていることが分かる。
豚肉牛肉は一見すると半分を自給しているように見えるが、その飼料はほとんど輸入だ。


さて、今回干ばつに見舞われているアメリカ合衆国に
我が国はどれだけ食料を依存しているのかを見てみよう。

我が国の主要農産物の国別輸入割合(2010年): 以下の9つの円グラフ

120724b.jpg
農産物全体では26.8%がアメリカからだ。

120724c.jpg
小麦は60%弱、トウモロコシは88.8%(図中の数値は間違い)がアメリカから。

120724d.jpg
大豆は70%弱、グレインソルダム(こうりゃん:主に家畜の飼料)は55%強。

120724e.jpg
120724f.jpg
食肉の20%~40%がアメリカから。


食料の価格は国際的な需給バランスで決まるので、
どこかの食料主要生産国で不作になれば、当然、値段が上がる。
さらなる問題は、直接の輸入相手国が不作になった場合、
量を確保できなくなる可能性があるということ。

どこの国でも、
普通は自国民を飢えさせてまで他国に食料を売りはしない。

食糧自給率が低いということは、
いざという時に「飢える」リスクが大きいということだ。

いわゆる「食料安全保障」。

最近地球上のあちこちで、異常気象というか、激しい自然災害が頻発している。
他国に食料を依存する怖さを、もっと真剣に考えないといけないと思う。

小麦が高騰してパンの値段が上がるなら
それを好機ととらえて、パンよりも米を食べる割合を増やそうと思う。
実際、あの戦争に負けるまで、
私たち日本人はほとんどパンは食べなかったのだから。

そしてもっともっと魚を食べよう。

コメント

非公開コメント