民進党が言論弾圧

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


DSCN3550s.jpg

大阪での私立小学校の新設という極めてローカルな問題が
まるで国家の一大事のような扱いで大騒ぎされて
2ヶ月近くが空しく過ぎた。

ところがここにきて
籠池泰典氏の妻、諄子氏と安倍昭恵氏とのメールのやりとりが公開され
民進党の辻元清美議員の「関与」がにわかにクローズアップされている。

2017.3.28 産経ニュース
【森友学園問題】
民進・辻元清美氏に新たな「3つの疑惑」 民進党「拡散やめて」メディアに忖度要求

産経新聞が報じた「3つの疑惑」とは
1.幼稚園に侵入しかけた(嫌がらせ)
2.作業員を派遣し、メディアに嘘の証言をさせた(工作)
3.学園の小学校建設地に隣接する「野田中央公園」の14億円値引き(職権乱用)

特に3の問題は重大だ。
辻元議員の地元である豊中市で
本当は価値の低い土地の値段をつり上げるために
国有地に高額な値付けをした上で国庫補助金14億円を出し
実質2000万円で豊中市に売却したというもの。
それが行われたのは民主党政権下で
辻元議員は国土交通副大臣の職にあったのだ。

このこと自体、非常に興味深い問題だが
今回指摘したいのは、これに対する民進党の対応だ。
野党第一党であり、森友学園の土地取引に疑義があると強硬に主張し続けている民進党が
冷静に説得力のある反論を示すかと思いきや
こともあろうに
「デマだから報道するな」と各メディアに「要請」。
さらに驚いたことに
ほとんどのメディアがその「要請」に唯々諾々と従っている。

産経新聞だけが上記の記事を掲載したところ
今度は産経新聞に対して民進党が抗議文を送りつけてきた。

ーーーーー
2017.3.29 産経ニュース
【森友問題】
辻元清美氏「3つの疑惑」報道で民進党が産経新聞に抗議文 「流言飛語を疑惑扱い」「首相夫人とは事柄の本質異なる」
 森友学園(大阪市)問題に関する本紙記事「辻元氏 3つの『疑惑』」(28日付)をめぐり、民進党は29日、産経新聞政治部長宛てに、柿沢未途役員室長名で抗議文を出した。全文は次の通り。
    ◇
 辻元清美議員に関わる報道記事について
 貴紙は3月28日朝刊紙面において、辻元議員に関し、「3つの疑惑」として、籠池夫人の安倍昭恵夫人宛メールに書かれている内容やネット上に流布している流言飛語をあたかも根拠ある疑惑であるかのように報道した。
 しかし、記事に書かれた3つとも、裏取り取材をすれば、容易に事実でない事が判明するものである。だからこそ他の新聞社は「疑惑」という書き方はせず、辻元議員側の否定コメントを淡々と報じているのみである。
 それを「3つの疑惑」と見出しを付けて喧伝し、わずか数時間後に回答期限を設定した質問状にその日のうちに回答しなかった事をもって、辻元議員があたかも説明責任を怠ったかのような書き方をしたのは、著しく公正を欠いた報道と言わざるを得ない。
 安倍総理は国会答弁で「辻元議員も同じ」と発言したが、裏取りすれば事実が容易に判明する辻元議員の場合と、裏取りのための資料も出さず、証人喚問にも応じない政府関係者や安倍明恵夫人(原文ママ)と籠池証人との関係性の問題は、事柄の性質が明確に異なる
 「確認取材」という報道取材の基本を欠いた記事を掲載した貴社に対し、厳重に抗議するとともに、法的措置も含めた対応を検討する
         以上
ーーーーー
法的措置をちらつかせた恫喝まがいの抗議文だ。

日頃から言論の自由を声高に叫び
「安倍政権による言論弾圧がある、ある」
と主張しているメディア(産経新聞を除く)にとって
これは言論弾圧にはならないのだろうか?
彼らにとって言論の自由は
「自分達の意見は自由に言えて、自分達と違う意見は言えなくて当然」
ということなのか。
これを二重基準、ダブルスタンダード略してダブスタという。

民進党が平然と言論弾圧をする集団だということは
実は彼らが政権にいた3年3ヶ月の間に遺憾なく示された。
「報道したらその社は終わりだから」とほざいた大臣もいた。

民進党がこういう集団であることを
自ら改めて思い出させてくれた出来事といえる。

さて、今朝から保守速報などのまとめサイトがサイバー攻撃を受けている模様だ。
サイバー攻撃となれば、民進党を超えて外国の関与が疑われる。
辻元議員の疑惑が語られ始めたことと関係あるのか無いのか。
私にはまだ分からない。

但し
都合の悪い言論を封殺しようとするのは
安倍政権ではなく
安倍政権を批判する「なんちゃってリベラル」側であることだけは確かだ。

コメント

非公開コメント