我が国の国民はそんなにゲスなのか?

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


>DSCN4717s.jpg

7月24日の衆議院予算委員会閉会中審査の冒頭、
自由民主党小野寺五典議員の質問に対して
安倍総理は次のように答弁した。

「李下に冠をたださず、という言葉があります。
私の友人が関わることでありますから、
国民の皆さまから疑念の目が向けられることはもっともなことであります。」

これを聞いて、とても情けない気持ちになった。

平成24年12月に第二次安倍政権が発足して以来
国内経済は株価の上昇、失業率の低減、倒産件数の減少など
長いデフレ不況から上向いている。
特筆すべきは外交安全保障分野で
我が国の立場は、敗戦後72年間でかつて無いほどに強化された。

粉骨砕身職務に励む安倍総理を見ていれば
日本国のために身を捧げていることが伝わってくる。
だからこその60%近い支持率だった。

ところがその人を
「友達に利益誘導しているんじゃないの?」と疑う。
一体この4年間の安倍総理の何を見ていたのだろう?

人は自分の価値観で他者を判断する。

安倍総理に疑念の目を向けている国民は
自分が同じ立場なら、間違いなく友達や親戚に利益誘導するのだろう。
つまりは、安倍総理への疑念はゲスの勘ぐりだと
私は断言する。

しかし、多くの日本国民ってそんなにゲスなのだろうか?
それって本当に情けなくて恥ずかしい。

でも一番情けなかったのは安倍総理だろう。
そこまで「ゲスの勘ぐり」をする国民が多数派だとは夢にも思わなかった。
日本国民のレベルの高さを信じていたから
まさかメディアのでっち上げ攻撃が功を奏するとも思わなかった。

現実は甘くなかった。
これは日本国民のレベルのせいでは無く
マスメディア、特にテレビによる洗脳工作のせいだと見るべきだ。

NHKを筆頭にテレビの言うことは本当だと信じている国民は
特に高齢者や女性の中に多い。
どの局でもどの番組でも
「安倍総理は友達に利益誘導したのに認めない、謝らない、狡い、悪い、信用できない。」
と流し続け
事実や反対意見を一切報道しなければ
それが1ヶ月2ヶ月と続けば
テレビが情報源の人達が洗脳されるのも当然だ。

だが、洗脳は必ず解くことが出来る。
処方箋としては本当のことを知ることである。

だから洗脳されている人には二つの事実を伝えなくてはいけない。
本件の経緯に関する事実
マスメディアが洗脳工作を行っているという事実を。


念のために付け加えると
獣医学部新設で仮に安倍総理が友人の経営する学園を「押した」としても
法律上何の問題もない。
しかも実質的に獣医学部新設の準備が出来ていたのは一校だけ。
作るとなれば加計学園以外に選択肢は無いのである。
(実際には安倍総理はこの件には一切関わっていない。)

法律上何の問題もないことを悪いことだと勝手に決めつけた上で
やったんじゃないのか?
やってないはずがないだろう?
やってないなら証拠を出せ。出せないなら認めろ、責任を取れ。

これが2月の森友学園問題から今に至るまで
野党とマスメディアがやってきたことである。

7月10,24,25日の国会審議における
前愛媛県知事の加戸氏を初めとした方々の説明で
事実はすでに明らかになった。
この事実をまだ知らない人達に広げていこう。


2017.7.24 産経web
【閉会中審査・詳報(1)】
安倍晋三首相「疑念の目が向けられるのはもっとも。足らざる部分あった」 加計学園問題をめぐり、指示は改めて否定

コメント

非公開コメント