本九条は自衛権の発動を妨げない

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


DSCN7099s.jpg

12月20日に自由民主党本部で開かれた憲法改正推進本部の席上
青山繁晴参議院議員がつぎのような新提案を行った。

-----
第九条の末尾にこう付け加えます。
「第三項 本九条は自衛権の発動を妨げない」
これだけです。
-----

青山さんは、この短い一文だけで
第二項の戦力の完全不保持と交戦権の否定という
主権国家の存在を危うくする問題を
一挙に解決できるのではないかと言う。
日本は侵略戦争などしないからである。

そもそも自衛権は主権国家が当然備えている権利である。
個別的も集団的もなく、
日本を除く全ての国は皆
自衛権を持ちそのための軍隊を持っているのだ。

護憲を掲げ活動をしている勢力の中には
「殺すよりは殺される方がいい」などど
殺されることの実際を知らないまま
殺されるということをリアルに想像することもないまま
無責任なきれい事を言う者が少なくない。
自衛隊は憲法違反だから自衛隊は無くすべきとまで主張する者もいる。

しかし普通の日本国民は特段政治に関心が無くても
攻撃されたらやり返す、攻撃されないように守りを固めるということは
当然と受けとめている。
であれば、
「自衛権の発動を妨げない」という加憲には誰も反対しない。
むしろ反対できないだろう。

九条改正なんて怖いわ~
何となくそう思っている、特に女性、特に高齢者にも
青山提案は分かりやすく受け入れられると思う。

憲法改正推進本部では青山提案への賛同の声が5人以上の議員から上がった。
このことは青山さん自身が
その日の夕方のラジオ番組(ザ・ボイスそこまで言うか)で話された。
ところが今日現在まで、マスメディアでこのことが全く報じられていない。

記事最後に昨日の産経新聞の記事を転載したが
ここでも青山新提案には一言も触れておらず
自民党は腰が定まっていない、公明党が反発しているというような
批判的な論調だ。

それから、BS番組(プライムニュース)で船田元氏が私見を披露した件だが
問題を拗らせて九条改正を阻もうとしているのではないかと思うほどだ。
何しろ船田氏には「前科」がある。
そうでないのなら単なるお調子者だ。
青山提案で行けば、日本の手足を縛っている九条二項を無力化できる。
その先のことはその時の国民が決めることだ。

青山提案によって九条改正が現実味を帯びてきた。
メディアが一切報じないのなら
我々がネットやクチコミで広げていくしかない。

希望を胸に、頑張ろう!


2017.12.23 産経web
憲法9条「加憲」か「2項削除」か 自民ふらふら…公明イライラ
 公明党が自民党の憲法改正議論にいらだちを募らせている。自民党が20日に公表した改憲4項目に関する「論点取りまとめ」では、自衛隊について両論併記となるなど、同党の軸足が定まらないからだ。公明党は年明けから改憲4項目を含めて議論を本格化させるが、改憲議論自体に及び腰な姿勢が目立つだけに、与党内で改憲議論が進む気配はない。(千田恒弥)
 「憲法9条については、自民党の中でも集約されていない。年明けから真剣に議論するが、今は『加憲』というアプローチを取ること以外、決まっていない」
 公明党の遠山清彦憲法調査会事務局長は22日のラジオ番組で、自衛隊をめぐる自民党内の議論をやんわり牽制(けんせい)した。
 ◆党内統一は持ち越し
 公明党は、戦争放棄を定めた9条1項と戦力不保持を定めた同2項を維持する立場だ。「1、2項を維持して自衛隊の存在を明記する」という安倍晋三首相(自民党総裁)の提案は公明党の主張に近い。
 ただ、自民党の「論点取りまとめ」では事実上の首相案のほかに「9条2項を削除し、自衛隊の目的・性格をより明確に改正すべきだ」という考えも盛り込まれた。2項削除案は、自衛隊を「戦力」として位置づけたい国防族が根強く主張し、党内の意見統一は来年に持ち越された。「平和の党」を掲げる公明党は2項削除への警戒感が強い。
 ◆火に油の「2段階論」
 火に油をそそぐように、自民党の船田元・憲法改正推進本部長代行は21日のBS番組で「まずは2項はそのまま自衛隊を加憲するのが取るべき道だが、そこで終わってはいけない」とし、首相案で改憲した後、2項の削除へと進む「2段階論」に言及した。
 これには、番組で一緒だった公明党の斉藤鉄夫幹事長代行が終了後、記者団に「2段階目が目的で、その手段として第1段階があるなら受け入れられない」と強く反発した。
 公明党は先の衆院選で議席を減らし、党内では「公明党らしさが発揮されていない」との批判が渦巻く。自民党から出る一連の言動は、公明党の改憲の動きをさらに鈍らせかねない。

コメント

非公開コメント