独占させないための特許(ノーベル賞受賞)

iPS細胞の山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞した!

--------------------------------
iPS細胞は、あらゆる細胞に分化する能力を持つ万能細胞の一種。これを基に神経や肝臓、心臓などの細胞を作製し、病気や事故で機能を失った患者の臓器などに移植することで、難治疾患を治療する再生医療の実現が期待されている。

 山中氏は平成18(2006)年、マウスの皮膚細胞に4つの遺伝子を導入することで世界で初めてiPS細胞の作製に成功。19年には同じ手法でヒトの皮膚から作製することにも成功し、世界の第一人者として研究をリードしている。
産経ニュースより)
--------------------------------

素晴らしい! 快挙だ!!
昨日に続いて、今日もジャパンデー♪

夜のニュース番組で本人へのインタビューがあり、そこで特許についての話があった。

「特許の目的には二種類あって、
一つは、独占するための特許。
もう一つは、独占させないための特許

一企業が特許を取ることで独占して高額な特許料を設定してしまうと、
それ以外の研究者が技術開発を進めることが出来なくなる。
それを防ぐために京都大学がiPS細胞関係の特許を広く押さえる努力をしている。
それによって、世界中の研究チームが安心して研究に取り組める。」

iPS細胞の素晴らしさについては少し調べれば分かるので、ここでは述べないが
「これで金儲けをしよう」と思えば、たやすく巨万の富を築けるに違いない。

特許を取得するには、書類を整える等の少なからぬ労力と費用が掛かる。

独占するために、ではなく、独占させないために、特許を取る。
そして、みんなに使ってもらって、技術開発を進めて
一日でも早く、病気治療のための実用化を目指す。

聞いていて、何と日本人なのだろう、と感動した。

心優しくて正義感にあふれて高いモラルを持っている。

誇らしくて、胸が熱くなる、

他国の中には、こういう価値観をどうやっても理解できず
「馬鹿じゃないの?」とせせら笑う人達もいるだろう。
というか、理解できない人の方が多いのではと思う。

真の世界平和とは、軍事力を持たないとかいうことではなく
私たち日本人の心根を、今回のような機会に世界に知らしめることじゃないのかな?
と思う。

コメント

非公開コメント