円安株高が進行中

衆議院の解散が決まるのと同時に、円安と株価上昇が始まった。

選挙期間中も自民党優勢が伝えられたためか、このトレンドは続き
遂に今日、株価が10000円の大台に乗った。

対ドルの円相場日経平均株価の終値は

11月14日 党首討論  80.29円  8664.73円
11月16日 衆議院解散 81.16円  9024.16円 
12月17日 総選挙翌日 83.71円  9828.88円
12月19日 本日    84.55円  10160.40円

長い間の円高で日本の製造業は苦戦を強いられてきた。
高い技術力と丁寧で誠実な物作りで素晴らしい製品を生み出しているのに
円高のせいで競争にならない。
それをマスメディアは
「時代の流れに乗り遅れている」などど貶したり
「韓国を見習え」などと決めつけたり。

そんな腹立たしく理不尽な状況からようやく抜け出せそうだ。

自民党安倍政権は必ずデフレからの脱却をしてくれるだろう。

金融緩和と公共事業を毛嫌いする抵抗勢力、
すなわち一部野党とマスコミは
嘘でたらめを並べてでも邪魔をするに違いない。
負けるもんかっ!!

ところで、円安が進めば、
輸入している火力発電用燃料は値上がりする。

一刻も早く原発再稼働をして、無駄な支出を抑制しなくては。

コメント

非公開コメント