内閣改造の予想報道

明後日(9月3日)の内閣改造に関して、あれこれと予想が報道されている。

現在のメンバーが安定してしっかりと仕事をしているのだから
改造は最小限にとどめて欲しい。
特に女性優遇に拘って、
力量不足の人や国家観に問題のある人の起用は止めてもらいたい。

はっきりと言うなら小渕優子氏。
親の七光りでの政界入りで、まだ40歳。
取り立ててよい仕事をしているとも聞かない。
一番の問題は「中国に取り込まれている」ことだ。
先日は韓国訪問もしているし、国家観が極めて怪しい。
間違っても幹事長などとんでもないことだ。

幹事長と言えば、河村建夫選対委員長の名前も出ているが
この人物は超親韓だ。
いつだったかプライムニュースで見たが、
事実を知らない貧弱な歴史観と、国家観の乏しい発言には呆れるばかりだった。

私がいいと思う幹事長候補は、
小野寺五典防衛大臣だ。
防衛大臣留任が当然と思っていたが、江渡防衛副大臣と交代するとの報道。
ならば、是非幹事長に起用して欲しい。

小野寺さんは防衛大臣としてメディアに再々登場して、知名度が高い。
しっかりと仕事をしていることは誰の目にも明らかだ。
私の知人友人の誰に聞いても
「小野寺さんはしっかりしていていいね。」との意見ばかりだ。
実際、私の知っている彼は真面目で誠実で快活な好青年だった。

自民党内での人望や立ち位置など様々な要素はあるだろうが
小野寺さんが幹事長になれば沖縄知事選での勝利は間違いない。
現時点で全く名前が出ていないことが、むしろ期待を抱かせる。
(防衛大臣起用の時も、最後まで名前が出てこなかった。)

閣僚、党三役の必要最低条件は「まともな国家観」である。
女性だとか、当選回数とかは、その次の条件である。

安倍さん、信念をもって自信を持って、頑張れ!

コメント

非公開コメント