映画鑑賞「うさぎ追いし 山際勝三郎物語」

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


夫に誘われて久しぶりに映画を見に行った。
DSCN2794s.jpg
うさぎ追いし 山際勝三郎物語

作品紹介
近年、物理・化学・医学分野における日本人の功績はめざましく、世界的な賞であるノーベル賞を一度に複数人が受賞することも珍しくはなくなった。
100年以上の歴史を持つ同賞を日本人が初めて受賞したのは、今から60年以上前にさかのぼる。
しかし、それよりもさらに20年以上も前に、ノーベル賞受賞に値する画期的な研究成果をあげた人物がいた――それが、山極勝三郎である。
勝三郎は、世界で初めて人工的な癌の発生実験に成功し、その発生原因と治療法の解明に道を拓いた。
後年、数度にわたりノーベル賞の候補にも推薦され受賞には至らなかったものの、その研究業績は数多くの医学関係者に脈々と受け継がれている。
2人に1人は癌患者と言われ、その患者数は年間90万人を超えるという現在の日本。
今日まで続く癌との闘いに、勝三郎の研究成果がいかに大いなる影響をもたらしているかは計り知れない。
しかし、このような偉大な功績を残した勝三郎についてそう広くは知られていないのもまた現実だ。

本作は、知る人ぞ知る偉人・山極勝三郎の生涯を忠実に描きだした初めての劇映画である。
長野県上田市で生まれ育ち、わずか16歳で上京、他家へ婿養子入り。
病を患いながらも癌研究を成功へと導き、67年間で閉じたその人生は、妻・かね子の献身的な存在と郷里上田への愛に支えられていたといって過言ではない。
その一人の男の壮大なる生きざまを体現するにあたって、日本が誇る最高の役者陣が集結した。山極勝三郎に扮したのは、いまやその姿を見ない日はないほどの大人気実力派俳優・遠藤憲一。
学生時代~晩年までの40年間あまりを圧倒的な存在感で演じきった。
また、勝三郎の傍に寄り添い続けた妻・かね子を演じたのは水野真紀。勝三郎の良き理解者であった親友・滋次郎には豊原功補。
勝三郎とともに研究を成功へと導いた助手・市川には岡部尚、勝三郎の娘(晩年)・梅子には高橋惠子、勝三郎の恩師・三浦には北大路欣也。
死へ至る病・癌との闘いを一方に据えつつ、もう一方では勝三郎を取り巻く師弟愛や家族愛、友情、また生まれ育った信州上田への郷土愛を描き、生きることの喜びや豊かさに胸が熱くなる珠玉の1作がここに誕生した。
ーーーーー

上記の作品説明の通りの映画であった。
千曲川や別所線、信大繊維学部など見慣れた風景が随所に出てきて
とても楽しく見ることが出来た。
観客は私たちと同世代の方がほとんど。
上映は一日一回18:40~20:40だった。


映画の中でノーベル生理学・医学賞を逃したエピソードが取り上げられている。
実は山際勝三郎の時代、
医学生理学分野には世界レベルの日本人研究者達がきら星のごとく存在した。
まさにノーベル賞にふさわしい業績が目白押しだったのだ。
しかし日本人の受賞者は一人も出なかった。

1919年2月、第1次世界大戦後のパリ講和会議で
日本が国際連盟規約に人種差別撤廃条項を盛り込むよう提案したが
議長であったウィルソン米国大統領の強引な反対によって実現しなかった。
当時はそのような、白人優越が絶対の世界だったということだ。

我が国の自然科学研究が
明治大正の時代から既に世界の最高レベルにあったことを確認するために
以下、いくつかの例を挙げておく。

北里 柴三郎(1853 - 1931年) 1890年(明治23年)、破傷風菌抗毒素を発見し、さらに血清療法という、菌体を少量ずつ動物に注射しながら血清中に抗体を生み出す画期的な手法を開発。1894年(明治27年)、ペストの蔓延していた香港に政府より派遣され、病原菌であるペスト菌を世界で初めて発見。

高峰 譲吉(1854 - 1922年) 1894年(明治27年)、タカジアスターゼ(強力なデンプン分解酵素)の発見、医薬品として商品化。1900年(明治33年)、アドレナリンの発見(結晶化の成功)。これは人類が初めて生命体から取り出した「ホルモン」。

山極 勝三郎(1863 - 1930年) 1915年(大正4年)、世界ではじめて化学物質による人工癌の発生に成功。ひたすらウサギの耳にコールタールを塗擦し続けるという地道な実験を3年以上に渡って行い、人工癌の発生に成功。

鈴木 梅太郎(1874 - 1943年) 米糠を脚気の予防に使えることを発見。1911年(明治44年)オリザニン(後のビタミンB1)を発見。ビタミンという概念を明確に提示。1912年(明治45年)オリザニンを結晶として抽出。

野口 英世(1876年 - 1928年) 黄熱病や梅毒等の研究で知られる。1900年(明治33年)蛇毒の血清学的研究。1913年(大正2年)進行性麻痺・脊髄癆が梅毒の進行例であることを証明。数々の論文を発表し、ノーベル生理学・医学賞の候補に三度名前が挙がった。

再び朝日新聞の取材を受けた

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


DSCN2388s.jpg

11月24日に自民党本部で話をした朝日新聞社会部のI記者から
そのメールが届いたのは12月16日17:01。
野次馬ツアーから帰る途中のことだった。

青山繁晴さんを支持する理由や経緯について
改めて話を聞きたいという。
夫の了解も得て、取材を受けることにした。

12月20日。
別件で午後に長野市まで行くというI記者と
10:00過ぎに駅前のカフェで待ち合わせた。

青山さんを知った切っ掛け、支持する理由などから始まり
7月の参院選で東京まで演説を聴きに行ったこととか
貰ってきたポスターを自宅のフェンスに張ったこととか
当選が危ういと聞いて子供達や友人に投票を頼み
ご近所にも一軒だけお願いに行ったこととか
実際の行動についての話をたくさんした。

ブログ(分室の方)の挨拶文と配布チラシを
プリントアウトして渡したので
私の動機とか目的なども、かなり具体的に理解してもらえたと思う。

約1時間20分ほど話をして、長野市へ向かうI記者と駅で別れた。
記事が掲載されるのは1月になってからの予定で
日が決まったら連絡をくれるそうだ。

あれこれ話した中の、どれだけが記事に使われるのか。
また記事がどういうスタンスでまとめられるのか。
袖すり合うも多生の縁。
朝日新聞の良き部分が発揮されることを、楽しみに待ちたい。

「日露首脳会談」野次馬ツアー その2

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


平成28年12月15日(木)
5:10に目が覚めて、うとうとしているとアラームが鳴った。
6:30 起床
雨が上がって、少し青空も見えている。
天気予報では正午前後に雨で、その他は曇り。気温は低め。

minesen1216s.jpg
部屋からは美祢線の電車が通るのが見える。

DSCN2581s.jpg
7:00 朝食
今日の昼と晩は粗末な食事になりそうなのでしっかり食べる。
おかわり自由のご飯をちょっともらって、大きめのお握り一個作る。

大広間を区切った向こう側は28名の団体様。
NHKかな?

部屋に戻り、今日の作戦を立てる。
現時点でわかっているのは
「プーチン氏は山口宇部空港から車で現地入りで到着は午後」
ということ。
すると国道136号を南から来ると予想される。
プーチン氏が到着する前に安倍総理は大谷山荘に入るだろう。
それは昼食前か後か。

8:45 偵察に出掛ける。
大谷山荘の正門の橋のところで、警備の方に
「一般の者ですが、どの辺りで出迎えられますか?」
すると
「奉迎の方にはまとまって決まった場所に入って頂くのですが、
ここではちょっと分かりません。」
とのこと。
鳥取県警の方だった。
まだ時間はたっぷりあるのでさらに先へと歩いて
信号のところでまた聞いてみた。
今度は島根県警の方。

市役所が事前に奉迎者を取りまとめて身元確認やボディーチェックをするそうで
免許証を見せてお願いしたら
今からでもそこに入れるのか、無線で問い合わせてくれた。
「少し待ってもらってもいいですか?」
「ええ、全然大丈夫です!」

で島根県警のFさんと四方山話をしながら15分ほどその場所で待った。
雨が降り始めて傘をさす。
ようやく来た回答では厳格にチェックした上で奉迎者を決めたようで
いまからでは無理ということだった。
そして一般の人にはさらに離れた場所を用意してあるという。

どんどん酷くなる雨の中、信号を渡って教えられた方角へと歩いた。
5分歩いた四つ辻に係の警察官がいて丁寧に教えてくれた。
状況がほぼ分かったので、ホテルに戻って午後に出直すことにした。
来た道を歩いて戻る途中、商店の前に置かれたみかんが目に止まった。
繊維質が何も無いから、ちょうどいいや♪

「甘くて美味しいよ。」とお店のおじさん。
他にも何かないかしらと見ていたら
「どちらから?」とお店の奥さん。
生プーチン氏が見たくて上田から来たことなど、お話しした。
奥さん達も地区でまとまって迎えに出るとのことで
「今からでもメンバーに入れてもらえるかもしれないから、1時にここにおいで。」
と言ってくれた♪

10:00過ぎに部屋に戻り、みかん(すっごく美味しい♪)をぱくつきながら
テレビとネットをチェック。
10:24のNHKニュースによると、
モスクワ出発が2時間遅れてプーチン氏到着は夕方になるという。
最初から波乱含みだ(汗)。

昼のテレビでは
11時半頃に安倍総理が山口宇部空港に到着した映像が流れていた。

昨日長門市駅近くの7-11で買ったサンドイッチと肉まんで早めの昼食。
肉まんは湯煎で温めた。

フリースの上着(昨年の大雪登山の時にモンベルで買ったもの)に
ゴアテックスのカッパ(上下)を着込み、冬用のウォーキングシューズを履く。

12:45 部屋を出て先ほどのお店に行った。

つい5分前に安倍さんが到着したと聞いて
ああ、もうちょっと早く出てくれば良かったと思ったものの後の祭り。
そして奉迎の集合が4時に変更になったという。

「それまでここで待っていたらいいよ~」
と椅子を出してきてくれたのでお言葉に甘える。
世間話から始まり、プーチン氏がどれだかすごいかなど政治の話題に発展し
その流れで少しだけ持っていたチラシと名刺を渡した。

長門湯本に星野リゾートが来ることになり、再開発が決まったそうだ。
永く地元の方達が育ててきたものや、ひなびた雰囲気こそが値打ちと思うのだが。

15:30 集合場所の健康保健センターまで車で一緒に行く。
市役所の方に事情を話してお願いしてみたが
申し訳なさそうに断られた。
まあ、それはそうでしょうね。
逆の立場だったらと考えれば、断られるのが当然だ。

体育館にはゲート式の金属探知機が数台設置されていた。
携帯電話もカメラも持って行けない。

奥さんが車を出して元の場所まで送ってくれた。
お世話を掛けてしまって、申し訳なかった。

DSCN2582s.jpg
15:51 ますます警備陣が増えている。

DSCN2584s.jpg
報道の車もびっしり。

注意されるまでこの辺にいようと様子を見ながら立っていたら
テレビや新聞から取材攻勢(笑)を掛けられた。
日露の国旗を持っていたためだろう。

Q:どちらから?いつからここに?目的は?
A:プーチンさんと安倍さんのファンなので。
Q:プーチンさんのどこがいいのか?
A:ソ連崩壊後のロシアを惨状から立て直し救った。卓越した愛国者・指導者だから。
Q:今回の首脳会談に何を期待するか?
A:日露友好が永く続くことが双方の国益にとっていいことだと思うので
 友好協力関係を強めて発展させる方向に進むことを期待している。
Q:北方領土問題については?
A:プーチン・安倍の二人だけで決められるならすぐに解決すると思うが、
 日露双方とも独裁国家ではないので時間が掛かるだろう。
 しかし二人が必ず解決してくれると思っている。

とてもメディアが期待する答えとは思えないから、きっと没だね^^;;

大谷山荘の橋の向こう側に地区からの奉迎者が並び始めたようなので
そこに紛れ込もうと軽くトライしたが
速攻で優しく女性警察官に排除された。
奉迎者の皆さんの胸にはチェック済みのステッカーが貼られていて
それが目印になっていた。
あのステッカーなら偽造できたかも。

先の信号を渡って7分歩いて、四ノ瀬(しのせ)踏切脇の空き地に到着。

DSCN2586ss.jpg
16:32 私の出で立ち^^ 写真の中央左寄り、一段高い所に見える建物が大谷山荘。

DSCN2590s.jpg
16:52 指定場所から国道までは70mくらいか。遠いなあ・・・

近くで待っていた人が、スマホのニュースで空港へのプーチン氏着陸を教えてくれた。
でもその人は今夜の宿が下関で、ここまででタイムオーバー、撤退していった。

DSCN2592s.jpg
17:04 どこかで見た顔だ。

DSCN2594s.jpg
17:27 待っているのは約20人。雨は止まず日は暮れて・・・

う~~、お腹空いた~とつぶやいたら
隣の青年が「エネルギー補給に」とチョコレートを分けてくれた♪
どうもありがとう!美味しかったです!

18:00 真っ暗になった中、遂にプーチン氏ご一行が到着。
通り過ぎてから小旗を立てたリムジンが確認できた。あそこに乗っているのだろうな。
日露国旗を振ってみたけれど見えるはずもない。
随分待たされたけれど、でも無事に着いてほっとした。

DSCN2596s.jpg
18:19 帰りは河原の遊歩道を通らされた。大谷山荘ではすでに首脳会談が始まっている。

18:30 部屋に戻った。

あ~冷えた~、疲れた~
風呂が先か、それとも飯か?
暖かいものをお腹に入れることを優先して、カレーヌードルを作った。
う~~~、旨っ!
残り汁に少し熱湯を足し、朝食時に作ったお握りのご飯を投入。
ミカンも食べてお腹が満たされた。

テレビのニュースを見てから
19:30 入浴

温泉で生き返って、就寝。
両首脳はまだ会談しているんだろうなぁ。
二人とも頑張ってね・・・zzz

「日露首脳会談」野次馬ツアー その1

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


12月13日(火)は朝7;00に家を出て、新幹線と在来線を乗り継ぎ、下関泊。

12月14日(水)は山陰本線を乗り継いで萩まで行き、観光後に長門市まで戻り現地に入る。
5:30 起床
6:20 チェックアウト。外はまだ真っ暗だ。

DSCN2543s.jpg
6:42 下関発 山陰本線滝部行き
車内で熱い紅茶と菓子パンの朝食を取る。

7:56 滝部着。ザーザー降りだ。
8:15 滝部発
9:05 長門市着
9:08 長門市発
乗り換えは橋を渡ったホームなのに3分しかなくて
スーツケースが重いのに、大変だった。

9:45 東萩着。
この天気なので松下村塾だけは見に行こうと東萩駅まで来た。
荷物をコインロッカーに入れてと思ったら・・・

IMG_3905s.jpg
が~~ん!
観光案内所の方に泣きついて、スーツケースを預かってもらうことができた。
さらに1回100円の市内路線バスがあると教えてもらって
バスで松陰神社まで行った。

IMG_3855s.jpg
松下村塾、吉田松陰の実家を見学し
松陰神社にお参り。
伊藤博文の実家を見学して
吉田松陰のお墓参りも、と途中まで歩いたが
上り坂の斜度がさらに急になったところで断念して引き返した。

DSCN2556s.jpg
11:50 東萩駅に行く途中の定食屋さんで昼食(とんかつ定食880円)。

13:24 東萩発
14:00 長門市着
駅の売店の方にコンビニの場所を教えてもらって
傘がおちょこになりそうな風雨の中
往復20分の距離を歩いて、食料を仕入れた。

DSCN2558s.jpg
JRの係の方がゴミ箱の中に何も入っていないことを確認していた。

DSCN2567s.jpg
こんな張り紙も。今日の間に現地入りして正解だ。

DSCN2568s.jpg
15:23 長門市発 美祢線
15:30 長門湯本着

DSCN2576s.jpg
駅前にもきっちり警備担当者。

雨で地図を確認するのも億劫に感じられて
酒屋さんでホテルの場所を尋ねた。
上品そうな年配の奥さんが出てきて親切に説明してくれて、恐縮^^;

15:45 ホテルにチェックイン
フロントに部屋割り表が置いてあったのでチラ見。
私と同じ6階はどうやらNHKのスタッフが大勢泊まるようだ。

16:00 大谷山荘まで偵察に出掛ける。

IMG_3951s.jpg
そこら中に警備関係の車両が駐まっているし
白いカッパ姿の警察官がいっぱいいる。
思わず「ご苦労様です」と声を掛けてしまう野次馬おばさん^^

IMG_3962s.jpg

IMG_3976s.jpg

IMG_3957s.jpg
報道機関の撮影場所取り

報道の方にちょっと尋ねてみた。
「報道の皆さんはスケジュールとかご存じなんですか?」
「まあ、大体は。」
「到着が朝か、昼か、夕方かとか、教えてもらえませんか?」
「・・・まあ、昼・・頃かな、午後というか・・・」
「ありがとうございます!」
一旦その場を離れてから引き返して、さらに情報収集を試みる。
「ちなみに、どっちから来るかは分かってます?」
「あ~、それは全然分からないです。」

これは隠しているのではなく、本当にまだ情報が出ていないようだ。
というのも、カメラの場所があっちこっちに散らばっているのだ。
人数を揃えられる機関は複数の場所に配置して撮り漏らしがないようにするのだろうか。
野次馬おばさんにうろつかれるのは
警備陣も報道陣も迷惑だろうなあ~~

でも常識の範囲内で、遠慮なんかしないもんね♪

1時間ほどで部屋に戻り、一休みしてから入浴。
大浴場貸し切り状態で、肌触りの良い温泉を堪能した。

DSCN2579s.jpg
晩ご飯はコンビニで仕入れた炭火焼き牛カルビ弁当と生野菜。
生野菜には家から持ってきた塩昆布をドレッシング代わりに掛けた。

「日露首脳会談」野次馬ツアー

人気ブログランキングに参加しています。
↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします!


IMG_3742s.jpg

来週12月15日、山口県長門市で日露首脳会談が開催される。

私は、知る人ぞ知る、ウラジーミル・プーチン氏のファンである。
同時代を生きる最高の傑出した国家指導者だと思っている。

日露首脳会談の予定が報道されてすぐに思ったのは
「生プーチン氏を見てみたい!!!」ということ。
会談の場所は長門市の温泉旅館という情報から調べて
長門湯本温泉だろうと推測し、
取り敢えずそこの旅館を14、15日の二泊で予約した。
ニュースが流れた、その晩のことだ。

近づけないとは思うけれど、沿道で車に手を振るとか
もし遠目にでもプーチン氏を肉眼で見られたら、一生の思い出になる(笑)。

その後、会談の場所は長門湯本温泉の大谷山荘と明らかになった。
よしっ、私の泊まる場所から数百メートルだ。

プーチン氏は15日に現地入りだから
午後から夕方に大谷山荘に入ったら翌朝までは出てこないだろう。
それで、朝食のみで予約していた旅館に電話して
15日の晩ご飯も付けてもらうことにした。
ところが手が足りなくて無理だと断られてしまった。

「プーチンさんが来るので長門はどこもてんやわんや。
外務省だの報道だので大変なことになっている。
今日辺りからすでに人が来始めている。」

16日には東京でも日露の会議があってプーチン氏も行くから
長門湯本がそこまで大騒動になっているとは思っていなかった。

これは野次馬もやりがいがあるってもんだっ!

ただ食事の心配が出てきた。
温泉街に何軒も食事処があるのでそこを利用しようと思うが
ひょっとして食いっぱぐれるかもしれない。
カップ麺とカロリーメイトくらいは持って行った方がいいね。